クレジットカード 不正使用

しじみの効果はこんな驚くべきものがあるのだ!

しじみを食べるとこんな効果が得られてしまう!?

 

土用の丑の日が近づいてきて
うなぎがよくピックアップされてるけど、

土用の日にはうなぎ以外にも
しじみもよく食べられている。

 

 

なんでもうなぎが土用の定番となる以前から
しじみは夏の土用の時期に食べられてたとの事。

 

そんなしじみを食べることで
一体どんな効果を得られるのか?

 

なので今回は

しじみを食べることでどんな効果を得られるか?

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

しじみの効果はこんなものがある!

そんなわけで
しじみを食べたことで得られる効果をまとめた。

 

 

肝臓の働きを高める効果

しじみの効果で最も有名なのが

肝臓の機能を高める効果

 

しじみにはアミノ酸が豊富に含まれてて
その中でも特に多いオルニチンには

肝臓の働きを助けたり、
アンモニアを解毒する効果がある。

 

また他にも
肝臓の働きを助けるメチオニン

胆汁の排泄を促し
肝臓の解毒機能を促進させるタウリン

といった栄養が含まれてるから

 

肝臓の機能を活性化させて
二日酔い等に効果的になるのだ。

 

スポンサードリンク

 

疲労回復の効果

しじみに含まれるタウリンは

・血糖値やコレステロールを下げる

・肝臓の機能を活性化させる

と言った効果があるので

 

その結果
疲労回復へとつながるのである。

 

夏の時期は暑さで体力を奪われがちなので
疲労回復の効果を得られるという意味でも
しじみを食べるのは有効なのである。

 

 

美肌効果

しじみに含まれてるオルニチンは
肝臓の働きを高めるだけでなく、

成長ホルモンを分泌する効果

も存在しており、

 

皮膚で新しい細胞が作られるのを
促進してくれるため新しい肌になる。

 

なので、
しじみを食べると美肌の効果を得ることが出来るのだ。

 

 

貧血を予防する効果

しじみには鉄分が多く含まれてる。

鉄分は酸素を体内に運んで
健康な血液を作る役割があるから

鉄分が不足してしまうと貧血になる。

 

なので貧血を防止する意味でも
鉄分は身体に必要になってくる。

 

またしじみにはビタミンB12も含まれていて、
赤血球を作る効果がある。

赤血球は血液を構成する要素の1つであり
赤血球が多くなれば貧血も防止できる。

 

なので

しじみには貧血にも効果があるのだ。

 

 

しじみの効果まとめ

しじみの効果は以上。

 

土用の日にはしじみが食べられているけど
確かにこれだけの効果を得られるなら

暑い夏の時期に食べられるのも
結構納得がいくものである。

 

これからどんどん暑くなっていくだろうし
夏を乗り切るためにもしじみを食べてみよう。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ