クレジットカード 不正使用

クリスマスにチキンの理由にはこんな戦略が隠されてた?

クリスマスにチキンを食べるは
こんな理由が存在しているからだった?

 

クリスマスと言えば当たり前のように
フライドチキンやローストチキンなどが食べられてる。

 

だけど、

アメリカ等のクリスマスでは
チキンではなく七面鳥を食べられており、

クリスマスにチキンを食べるのは
日本くらいなものである。

 

なぜ日本では

クリスマスにチキンが食べられているか?

その理由について調べてみた。



スポンサードリンク

 

 

クリスマスにチキンの理由にはこんな戦略があった

日本にクリスマスが入ってきたのは

1552年にフランシスコ・ザビエルが
信者と共に降臨祭を行ったとき

と言われている。

 

だけど、

キリスト教の禁止など
様々な事情によって長らくクリスマスは普及せず、

一般的に普及するようになったのは
1950年代ごろと言われている。

 

そしてクリスマスが普及した当初は
七面鳥を食べる習慣もあったのだけど、

 

だけど日本では
七面鳥が手に入らなかった等のことから

クリスマスに七面鳥を食べる習慣は
根づかなかったのである。

 

そんな時期に

1970年代頃にケンタッキーフライドチキンが
日本でも店を出したとき、

 

フライドチキンを日本に定着させるための
商品戦略として

「クリスマスにはフライドチキンを食べよう」

というキャンペーンを行ったのだ。

 

そしてその結果、

クリスマスにチキンを食べるという文化は
日本中に広まることになり、

 

クリスマスのご馳走=チキン

という風に
日本に根付く結果になったのだ。

 

まぁ最近ではコンビニ等でも
クリスマスチキンのキャンペーンを行ってるわけだし

すっかり定着したと言えるだろう。

 

スポンサードリンク

 

クリスマスに七面鳥が日本で定着しなかったのは?

クリスマスにチキンを食べる理由は

七面鳥の代わり

ということなのだけど、

 

七面鳥は日本じゃ手に入りにくいとの事だが
広く普及させることはできなかったのか?

とも思う。

 

これに関してまず

 

 

1.七面鳥がチキンと比べて大きい

という理由が挙げられる。

 

七面鳥は鶏と比べて大きめな鳥で

飼育の費用が鶏の2~3倍

とまで言われている。

 

さらに七面鳥は
鶏と比べて大型の鳥であり、

アメリカ等では丸焼きで食べるのが基本だ。

 

だけど、

日本では七面鳥が入るくらい
大型のオーブンは家庭では殆どなかったので

七面鳥を調理することは難しいのだ。

 

 

2.味が日本人の好みじゃなかった

クリスマスに七面鳥が日本で普及しなかった理由として

味が日本人好みじゃない

というのも挙げられるだろう。

 

七面鳥の肉質はチキンと比べて硬く、
パサパサとした食感となってる。

 

私も一度
ターキーを食べたことがあったけど、

普通の鶏肉と比べて硬めで
ちょっとハムみたいな感じだったかな

と思った。

 

そんな肉質が

日本人と合わなかったというのも
割と納得がいくようにも感じる。

 

 

3.クリスマス以外で需要がない

その他の理由では

クリスマス以外で七面鳥の需要がない

というのもあるだろう。

 

アメリカ等では
ホームパーティーを開くことが多いので、

お祝いの時以外でも
七面鳥が食べられるときはあるだろうが、

 

日本ではホームパーティーを開くことは
そんなにないので、

丸焼きにした肉を食べるという文化は
あまり広まっていないと言える。

 

だから、

特別な日であるクリスマス以外には
七面鳥の需要は日本にはないのだ。

 

私も正直に言って

クリスマスのシーズン以外で
七面鳥を食べてみたいと思うことはないし。

 

 

クリスマスにチキンの理由まとめ

クリスマスにチキンを食べる理由は以上。

 

ケンタッキーの戦略によって
日本人の心の中には

クリスマスのご馳走=チキン

が定着してるわけだけど、

 

実際にチキンは美味しいわけだし
それが悪いことだとは私は思わない。

 

まぁクリスマスだからと言って
チキンを食べ過ぎてしまうと

太る元になってしまうので
注意をする必要があるわけだが。

 

フライドチキンのカロリーは実はこれくらいだった!?

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ