クレジットカード 不正使用

チョコレートケーキの種類は12種類存在していた!?

チョコレートケーキの種類は
12種類程も存在していた!?

 

チョコレートケーキと一言で言っても、
ガトーショコラやらザッハトルテやら
色々と種類は存在している。

 

「色々とチョコレートケーキには種類があるけど
 一体どれくらいあるのだろうか?」

と気になったので調べてみると、

 

私が確認できただけでも
チョコレートケーキは12種類もあった。



スポンサードリンク

 

 

チョコレートケーキの種類で有名な物

チョコレートケーキの中でも
特に有名と思われる5つの種類をまずは紹介しよう。

 

 

ガトーショコラ

チョコレートケーキの種類と聞いて
一番思い浮かべそうなのはこれだろう。

 

ガトーショコラといえば
しっとり濃厚に焼き上げたチョコレートケーキ
という印象が強いけれど、

もともとはフランス語の「ガトー・オ・ショコラ」は
焼いたチョコレート菓子全般に使われる言葉である。

 

なので、

本場フランスではチョコレートケーキ以外にも
焼き上げたチョコレート菓子なら

ガトー・オ・ショコラ

ということになるのだ。

 

 

ザッハトルテ

チョコレートの王様」と呼ばれる位
有名な種類のチョコレートケーキで、

チョコレート味の生地に杏ジャムを塗って
チョコレートでコーディングしているのが特徴。

 

ちなみに名前の由来は

オーストリア在住のフランツ・ザッハー氏が考案したことが
ザッハトルテの由来となっているのだ。

 

スポンサードリンク

 

フォンダン・オ・ショコラ

「チョコレートが溶ける」という意味の
フランス産チョコレートケーキ。

チョコレートケーキの中まで完全に焼かないので、
チョコレートケーキが中から溶けだすのが特徴。

 

割ったら溶けたチョコが出てるチョコレートケーキがあるけど
それがフォンダン・オ・ショコラである。

 

 

ブラウニー

アメリカで生まれた
平たく正方形に焼いたチョコレートケーキ。

元々は携帯食として食べられていた種類。

 

 

ビュッシュ・ド・ノエル

名前はあまり聞かないかもしれないけど、
丸太の形のチョコレートケーキといえば分かるかと思う。

 

「ビュッシュ」はフランス語で木、丸太を意味する言葉で、
ロールケーキを木に見立てているのが特徴的。

ちなみに「ノエル」はクリスマスという意味なので
クリスマスに食べられるチョコレートケーキになっている。

 

 

その他のチョコレートケーキの種類

その他に

7種類ものチョコレートケーキがあるので
簡潔に紹介をしておく。

 

 

 オペラ

 ビスケット生地やコーヒーバタークリーム、ガナッシュ、
モカシロップ等の食材で層を作って、

その周りをチョコレートで覆ったチョコレートケーキ。

 

 

ケーク・オ・ショコラ

イギリスで生まれたチョコを使ったパウンドケーキ

 

 

ジャーマンケーキ

生クリームをはさんだチョコケーキの上に
ココナッツフィリングを塗ったチョコレートケーキ

 

ドボシュ・トルテ

5層~7層の薄いケーキの中に
チョコレートクリームをはさみこんで、

一番上をカラメルで覆うチョコレートケーキ

 

 

レーリュッケン

「鹿の背」という意味のチョコレートケーキで
かまぼこのような形をしてるのが特徴。

 

 

ガラシュケーキ

ブルガリアのチョコレートケーキで
ガナッシュチョコレートでコーディングされている。

 

 

フィレナワール

チョコレートを練りこんだケーキと
サクランボ入り生クリームを交互に重ねたもの。

 

 

チョコレートケーキの種類まとめ

チョコレートケーキの種類は以上。

こうしてみるとチョコレートケーキといっても
結構種類が多いものである。

 

とはいっても、

人生の中でこれだけの種類のチョコレートケーキを食べるのは
多分無理だろうなと感じる。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ