クレジットカード 不正使用

カリフラワーの栄養はこの3つが主だった!?

カリフラワーの栄養はこれらが含まれていた!

 

ブロッコリーとカリフラワーだと
私はブロッコリーの方が好きである。

 

やはりブロッコリーの方が
しゃきしゃきしてる感じで触感がいいからだ。

 

まぁカリフラワーも
食べるときは食べるのだけど。

 

そんなカリフラワーであるけど
栄養はどんなものが含まれてるか調べたところ、

カリフラワーには以下の3つの栄養が含まれていた!



スポンサードリンク

 

カリフラワーに含まれる栄養はこの3つ

カリフラワーに含まれる栄養は
主にこの3つとなっている。

 

・ビタミンC

・カリウム

・食物繊維

 

これらのカリフラワーに含まれる栄養を
それぞれ見ていくことにしよう。

 

 

カリフラワーの栄養:ビタミンC

カリフラワーに多く含まれる栄養は
なんといってもビタミンCが多い。

 

ビタミンCは
野菜や果物に含まれてることで有名で、

ししとうの栄養でも解説しているように

 

・疲労回復効果

・免疫力を高める効果

・細胞の老化を防止する効果

風邪を予防する

 

 といった効果を期待できる。

 

 カリフラワーといえば
冬の野菜というイメージが強く、

冬の時期は何かと風邪をひきやすい。

 

そんな冬の時期に
カリフラワーを食べることで

免疫力や風邪を予防する効果をつけて
風邪に耐性をつけることは重要だと思われる。

 

スポンサードリンク

 

カリフラワーの栄養:カリウム

カリフラワーの栄養として

カリウム

も特筆すべきものだろう。

 

カリウムの効果としては

塩分を尿と共に排出する効果がある

 

なので、

血圧の上昇を押さえてくれたり
むくみを解消してくれるだけでなく、

運動した後に
筋肉が疲れにくくなる効果も期待できるのだ。

 

 

カリフラワーの栄養:食物繊維

カリフラワーの栄養には
食物繊維も含まれていて、

食物繊維にはご存じのとうり

便秘解消の効果

等を期待することができる。

 

 

カリフラワーの栄養まとめ

カリフラワーの栄養は以上である。

 

カリフラワーには身体にいい栄養が
結構含まれているのだけど、

カリフラワーを茹でたりすると
ビタミンC等の栄養は溶けてしまうことになる。

 

だから、

カリフラワーから栄養を得る為には
茹でない方がいいと私は考える

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ