クレジットカード 不正使用

チョコレートは太る原因なのか?それとも太らないのか

チョコレートって太るの?太らないの?どっち?

 

チョコレートというと
なんとなく太るようなイメージがある。

 

だけど、

実際にチョコレートを食べたら
太るのかを調べたところ、

 

なんとチョコレートには
意外な効果が含まれていることが判明した!

 

なので今回は

チョコレートは太る原因となる食べ物なのか?

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

チョコレートは実は太るどころか・・・

チョコレートについて調べてると、

なんとチョコレートは
太るどころかダイエット向きの食べ物である

というのが判明した。

 

どういうことかというと、

 

まずチョコレートは

カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、食物繊維

といった栄養をバランス良く含んでる。

 

更に、

チョコレートに多く含まれている
カカオポリフェノールには、

 

・高血圧の予防

・活性酸素の働きを抑える

・筋肉の量を増やす

 

といった効果がある。

 

そして

活性酸素の働きを抑えられたら
動脈硬化を防ぐことができるし、

筋肉の量を増やすことができれば
基礎代謝がアップして体重が減ることにつながる。

 

更にカカオには

 

・抗酸化成分による内臓脂肪燃焼効果

・ストレスホルモンを減らす作用

・集中力や記憶力を高める作用

・疲労回復効果

 

等の効果を期待できる。

 

なので、

チョコレートを食べることで
ダイエット効果を得られるのは勿論の事、

健康面でもとてもいいのである。

 

よくチョコレートを食べて集中力を高める
なんて事をやってるのを見るけど、

実際にチョコレートに効果はあったのだと
実感できるものですね。

 

スポンサードリンク

 

チョコレートで太るのはなぜなのか?

そんなチョコレートでも、
やはり太るときは太るものである。

 

なぜチョコレートを食べることで太るのか?

というと、

 

食べ過ぎ以外だと

市販で売っているチョコレートには
砂糖が多く含まれているから

というのが挙げられる。

 

砂糖は血糖値を上げてしまうので、
肥満の原因となるのだ。

 

ならチョコレートを食べるときは
どうすればいいのか?

というと、

 

カカオが70%以上含まれているチョコレート

を食べるのがいい。

 

カカオ70%にもなると
砂糖や牛乳などの量は少なくなるし、

カカオの効果を得やすくなる。

 

更に、

食事の直前食事の3~4時間後
チョコレートを食べると、

血糖値を上げるので
食欲を抑えることにつながるのだ。

 

 

チョコレートは太るのか?まとめ

チョコレートはカカオ70%以上のものから
太る原因にはなりにくいのである。

 

ただ、

いくらカカオが70%以上だとしても
食べ過ぎると太る原因になるので、

 

チョコレートを食べる量は
ほどほどにしておいた方がいいだろう。

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ