クレジットカード 不正使用

キャベツの栄養はこの6つが凄かった!?

キャベツの栄養は主にこの6つが含まれてる!?

 

私の家では
よくキャベツをサラダにして食べている。

 

栄養のバランスがとれるように
野菜を食べるということで、

調理がしやすいキャベツのサラダを
食事に大体付けるようにしている。

 

そんな当たり前のように食べてるキャベツは
一体どんな栄養が含まれているのか?

 

なので
キャベツの栄養について調べたところ、

キャベツには主に6つの栄養が含まれてるのが分かった。



スポンサードリンク

 

 

キャベツに含まれる主な栄養はこの6つ!

それでは早速、

キャベツに含まれている主な栄養を
6つ紹介することにしよう。

 

 

キャベツの栄養1:ビタミンC

キャベツには

ビタミンC

が豊富に含まれている。

 

ビタミンCはご存じのとおり

 

・疲労を回復する効果

・風邪を予防する効果

・細胞の老化を防止して美白を保つ効果

・免疫力を高める効果

 

といった効果が期待できるのだ。

 

なので

キャベツを食べて
ビタミンCを摂取することによって

風邪が引きにくい身体を作ってるのだ。

 

スポンサードリンク

 

キャベツの栄養2:ビタミンU

キャベツの栄養として

ビタミンU

が含まれている。

 

あまり聞きなれない栄養だと思うけど、

キャベジン

という名前には聞き覚えがないだろうか?

 

とても有名な胃腸薬の名前に使われている通り、
ビタミンUには

 

胃腸の粘膜の修復を促進させて
胃腸を丈夫にする効果がある。

 

そして
胃腸が丈夫になることによって

胃や腸の潰瘍(かいよう)の治療や防止をしてくるのだ。

 

 

キャベツの栄養3:ジアスターゼ

キャベツの栄養には

ジアスターゼ

も多く含まれている。

 

大根の葉などに多く含まれていて
デンプンの分解を手助けする効果がある。

 

デンプンの分解を手助けすることで

消化を助けて胃腸の負担を軽くして
胃もたれや胸やけに効果を発揮するのだ。

 

 

キャベツの栄養4:ビタミンK

キャベツの栄養として

ビタミンK

も含まれている。

 

ビタミンKには

 

・血液を固めて止血をする

・カルシウムを骨に取り組む手助けをする

 

といった効果を期待できる。

 

 

キャベツの栄養5:カルシウム

キャベツにはなんと
カルシウムも含まれているのだ。

 

先ほどのビタミンKと共に摂取することで
骨を更に丈夫にすることができる。

 

 

キャベツの栄養6:カロチン

キャベツの栄養には

カロチン

も豊富に含まれている。

 

ししとうの栄養でも解説されてるように
カロチンには

 

・細胞の老化を防ぐ

・免疫力を高める

 

といった効果を期待できる。

 

 

キャベツの栄養まとめ

以上がキャベツの栄養である。

 

普段当たり前のように食べてたキャベツだけど
このような身体にいい栄養が含まれてるとは
結構意外な感じであった。

 

こうして食べ物を食べることで
我々の身体は作られているのだと感じる。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ