クレジットカード 不正使用

ブロッコリーの栄養はこの7つが凄かった!?

ブロッコリーの栄養は
この7つの栄養が特筆すべきものだった!?

 

冬の時期に旬を迎える野菜といえば
ブロッコリーが挙げられる。

 

冬を代表する野菜だけあって

シチューに入れてもいいし、
サラダにしても茹でても美味しく食べられる。

(最も、ブロッコリーを茹でたら
 栄養も少なくなってしまうのだけど)

 

そんなブロッコリーには

特筆すべき栄養が
7つも含まれているのだ。

 

なので今回は

ブロッコリーに含まれる栄養

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

ブロッコリーにはこれらの栄養が含まれてる

そんなわけで

ブロッコリーにはどんな栄養が含まれるか?

というと、

 

こんな感じになっている。

 

 

ブロッコリーの栄養1:ビタミンC

ブロッコリーの栄養で
一番注目をすべきなのは

なんといってもビタミンCだろう。

 

ブロッコリーの仲間である
カリフラワーにも多く含まれてる栄養であり、

 

・疲労回復効果

・免疫力を高める効果

・細胞の老化を防止する効果

風邪を予防する

 

といった効果を期待することができる。

 

そして、

驚くことにブロッコリーに含まれる
ビタミンCの量はというと

 

レモンの約2倍

 

という数値となっているのだ。

 

冬の時期は
何かと風邪をひきやすいので、

ブロッコリーで栄養を取って
風邪に備えた方がいいのかもしれない。

 

スポンサードリンク

 

ブロッコリーの栄養2:ビタミンA

ブロッコリーには
ビタミンAも多く含まれている。

 

ビタミンAは
小松菜の栄養でも触れているように

 

・皮膚や粘膜の働きを正常にして
 免疫力を高める

・目を健康にする効果

 

といった効果を期待できるのだ。

 

 

ブロッコリーの栄養3:ビタミンE

ブロッコリーには
ビタミンEも栄養として多く含まれており、

 

・動脈硬化の予防

・老化や病気の防止

・皮膚の健康を保つ

 

といった効果が存在する。

 

 

ブロッコリーの栄養4:β-カロテン

β-カロテンは体内に含まれることで
ビタミンAへと変換される。

 

つまり、

ビタミンAの働きを
より活発にする栄養なのだ。

 

 

ブロッコリーの栄養5:カリウム

カリウムは
体内の塩分を尿素と共に排出するので、

 

・血圧の上昇を押さえてくれる

・むくみを解消してくれる

・運動した後に筋肉が疲れにくくなる

 

といった効果を期待できる。

 

 

ブロッコリーの栄養6:葉酸(ようさん)

ブロッコリーには
葉酸(ようさん)と呼ばれる栄養が含まれている。

 

葉酸は

 

・動脈硬化

・貧血

・精神神経異常

 

といった状態を防ぐ効果がある。

 

ちなみに

ブロッコリーに含まれるビタミンCは
葉酸の吸収を促進させてくれるのだ。

 

 

ブロッコリーの栄養7:イソチオシアネート

ブロッコリーに含まれる
イソチオシアネートという栄養は

 

・強い殺菌作用

・抗酸化作用

 

といった効果を期待できる。

 

 

ブロッコリーの栄養まとめ

ブロッコリーの栄養は以上。

 

ブロッコリーの栄養は
健康にいいものが多く含まれている。

 

冬の時期は何かと風邪をひきやすいので
ブロッコリーで栄養をつけたいものである。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ