クレジットカード 不正使用

ホワイトチョコのカロリーは普通のチョコと比べて?

ホワイトチョコのカロリーは
普通のチョコと比べてなんと!?

 

そろそろバレンタインが近づいており、

スーパーやデパートの売り場でも
バレンタインに関連した商品が売られてる。

 

そんなバレンタインチョコの中で

ホワイトチョコ

を目にする機会はあるけど、

 

ホワイトチョコのカロリーは
普通のチョコと比べてどれくらいなのか?

 

なので今回は

ホワイトチョコのカロリーはいくらか?

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

ホワイトチョコのカロリーはこれくらいだった!?

そんなわけで早速、

ホワイトチョコのカロリーはいくらか?

について調べたところ、

 

ホワイトチョコのカロリーは
以下のような数値となっていたのであった。

 

ホワイトチョコ100g:588kcal

 

結構高めの数値となっていた。

 

同じ量のミルクチョコレート
カロリーを比較した場合だと

ホワイトチョコの方が
カロリーは高くなる。

 

ホワイトチョコの方が

普通のチョコレートと比べて
カロリーが高くなってる理由についてだけど、

 

前にも解説したように
ホワイトチョコには

チョコレートの主成分である
カカオマスは含まれておらず、

大半がカカオバターとなってる。

 

そしてカカオバターは
カカオの脂肪分となっている。

 

脂肪は炭水化物やたんぱく質より
カロリーは高めとなってる。

 

なので、

カカオバターが多く含まれてる分、
ホワイトチョコのカロリーは高くなる

ということになるのだ。

 

とはいっても

カカオの脂肪分は
体脂肪になりにくいので、

食べ過ぎなければ
そんなに気にする必要もないけど。

 

スポンサードリンク

 

ホワイトチョコはダイエットに向かない?

そんなホワイトチョコであるけど、

他のチョコレートと比べて
栄養の面で不利になる部分がある。

 

それは

ホワイトチョコレートには
カカオポリフェノールが含まれてない

ということだ。

 

前にも話したように

チョコレートの主成分となるカカオマスには
カカオポリフェノールが含まれてる。

 

そしてカカオポリフェノールには

 

・高血圧の予防

・活性酸素の働きを抑える

・筋肉の量を増やす

 

と言った効果を期待できる。

 

しかし、

ホワイトチョコには
カカオマスが含まれていないため、

カカオポリフェノールの効果を得る事ができない。

 

なので、
ホワイトチョコでは

本来チョコレートで得る事が出来る栄養を
得る事が出来ない

ということになるのだ。

 

 

ホワイトチョコのカロリーまとめ

ホワイトチョコのカロリーは
普通のチョコと比べて高めだった。

 

更に、

カカオポリフェノール等の栄養も
ホワイトチョコでは得る事が出来ないので、

ビターチョコなどと比べると
ダイエット向きではないと言わざるおえない。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ