クレジットカード 不正使用

ホワイトチョコの原料は何だろうか?何故色が白なのか?

ホワイトチョコの原料って何が使われてるのか?

 

色が白いチョコレートとして

ホワイトチョコ

が存在するけども、

 

どうしてホワイトチョコの色は
白なのだろうか?

 

やはり使われてる原料のせいで
ホワイトチョコは白くなってるのだろうか?

 

そんな事を思ったので

ホワイトチョコの原料は何なのか?

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

ホワイトチョコの原料はこれだった!?

そんなわけで早速

ホワイトチョコの原料に何が使われてるか?

について調べたところ、

 

ホワイトチョコの原料には

カカオバター(ココアバター)

が主に使われてるのが分かった。

 

まず最初に言っておくと
チョコレートの原料は基本的に

 

・カカオマス

・カカオバター(ココアバター)

・砂糖

・乳成分

 

となっているのだ。

 

そしてカカオマスというのは

チョコレートに主に使われる原料であり、
色や苦みの成分となってる。

 

そして、

ホワイトチョコには
カカオマスが原料として含まれていないのだ。

 

なので、

カカオマスが含まれず
カカオバターを主原料にしているので、

ホワイトチョコは色が白いのである。

 

ホワイトチョコは色が白いから
原料にカカオが使われてないのではないか?

なんて思ったりもしたけど、

ちゃんとカカオの成分である
カカオバターは含まれていたのである。

 

スポンサードリンク

 

ホワイトチョコは原料的にチョコレートと呼べる?

ちなみに、

カカオマスが原料に含まれてなくても
チョコレートと呼べるのか?

という疑問については

 

チョコレートの定義としては
カカオ成分が35%含まれてるものの事であり、

カカオの成分は

カカオマス+カカオバター(ココアバター)

となっているのである。

 

だから、

例え原料に
カカオマスが含まれていなかったとしても

カカオバターが35%以上含まれていれば
チョコレートとして定義づけられるのである。

 

なので、

ホワイトチョコはチョコに似た食べ物ではなく
れっきとしたチョコレートになるのである。

 

 

ホワイトチョコの原料に含まれない成分

ホワイトチョコの原料には
カカオマスは含まれていない。

だけど、

カカオマスの成分には
こちらの記事でも解説をしているような

カカオポリフェノールが含まれている。

 

なので

カカオマスが原料として入ってないホワイトチョコは
カカオポリフェノールが入っていないのだ。

 

だから、

ホワイトチョコではカカオポリフェノールの
効能を得る事が出来ないので、

チョコレートの効果を
得られづらいのではないかと私は考える

 

 

ホワイトチョコの原料まとめ

ホワイトチョコの原料には

カカオバター(ココアバター)

が主に使われていた。

 

色が白いのにはちゃんと理由があり
れっきとしたチョコだと分かったので、

なんとなくホワイトチョコが食べたい気分になる。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ