クレジットカード 不正使用

菱餅って意味はどんなものが込められているのだろう?

菱餅ってどんな意味が込められているの?

 

3月になると
初め頃に雛祭りが行われる。

 

そして雛祭りでは

菱餅

がお菓子として食べられている。

 

 

三食のもちをひし形に重ねてるという
独特な形をした菱餅だけども、

菱餅には一体どんな意味があって
こんな独特な色や形をしているのだろう?

 

なので今回は

菱餅の意味は何なのか?

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

菱餅の意味は形はこういう意味が含まれている?

菱餅がひし形をしている意味だけど
さまざまな憶測はあるけども

菱餅の材料としてひしの実が使われてる

というのが意味の由来と思われる。

 

ひしの実はその名前の通り
ひし形をしているため、

ひしの実を菱餅の材料として使ってる事から
それになぞられてひし形になっているのだろう。

 

そんなひしの実をなぜ
菱餅の材料として使っているのか?

という点に関してだけど、

 

ひしという植物は
とても繁殖力が高いのである。

 

なので、

子孫繁栄や長寿を願って
ひしの実を菱餅の食材として加えているのだろう。

 

それにしても、

ひしの実の形になぞられてひし形にするとは
菱餅の意味も結構意外性があるものだ。

 

スポンサードリンク

 

菱餅の意味は色の場合だとこうなる

菱餅といえば
赤・緑・白の三色を使って作られるけど、

三色を使って菱餅を作るのに
どんな意味があるのかというと、

 

まず菱餅に使われる桃色は

桃の花、魔除け

の意味が込められている。

 

桃というと魔除けの意味があるので、
桃の花になぞられて桃色なのだろう。

 

ちなみに、
菱餅の桃色にはクチナシの実が使われており、

クチナシの実には解毒作用が含まれているため

解毒、健康

といった意味も含まれている。

 

次に菱餅の緑色だけど、

厄除け・健康

といった意味が含まれている。

 

若草の色となる緑には
厄除けという意味があるので、

菱餅の緑にも使われているのだろう。

 

また、

菱餅に使われるヨモギには
増血効果があるために

増血

という意味も含まれているのだ。

 

そして菱餅の白にはひしの実が使われているので

子孫繁栄・長寿

といった意味が含まれているし、

 

白の色が雪を意味しているので、

清浄、純白の雪

という意味も含まれているのである。

 

また、
菱餅の重ね順が

緑 → 白 → 桃色

という順番になれば

雪の下で若い芽が芽吹き、雪の上で花が咲く

という意味となり、

 

白 → 緑 → 桃色

という順番になると

雪の上で若い芽が芽吹き、その上に花が咲く

という意味になるのである。

 

 

菱餅の意味まとめ

菱餅の意味は以上である。

 

こうして菱餅の意味を調べていると
色々と意味がわかるものである。

ちゃんと意味があってこそ
節目の時期に食べられるのだなと感じる。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ