クレジットカード 不正使用

つくしの栄養はこの7つが凄かった!?

つくしの栄養はこの7つが主に含まれている!?

 

最近暖かくなってきたからか
道端でつくしを見かけるようになった。

 

つくしといえば

食べられることができる植物としても
とても有名なわけなのだけど、

 

つくしにはどのような栄養が含まれているのか?

 

そんなことが気になったので

つくしに含まれている栄養

について調べてみたのであった。



スポンサードリンク

 

 

 つくしにはこんな栄養が含まれていた!?

そんなわけで
つくしの栄養を調べてみたところ、

つくしには
以下のような栄養が含まれていたのであった。

 

 

つくしの栄養1.ビタミンE

つくしにはビタミンEが多く含まれており、
その量は野菜の中でもトップクラスなのだ。

 

そしてビタミンEの効果としては

 

・動脈硬化の予防

・老化や病気の防止

・皮膚の健康を保つ

・心筋梗塞の予防

 

といったものが存在するのだ。

 

 

つくしの栄養2.ビタミンC

つくしの栄養の中には
ビタミンCも含まれているのだ。

 

そしてビタミンCには

 

・疲労回復効果

・免疫力を高める効果

・細胞の老化を防止する効果

風邪を予防する

 

といった効果を期待することができる。

 

スポンサードリンク

 

つくしの栄養3.β-カロテン

つくしの栄養には
β-カロテンも含まれており、

 

β-カロテンは体内に含まれることで
ビタミンAへと変換されるので、

 

皮膚や粘膜の働きを正常に保って
免疫力を向上させる効果があるのだ。

 

ちなみにつくしに含まれるカロテンの量は
ブロッコリーよりも多いのである。

 

 

つくしの栄養4.カリウム

つくしの栄養には
カリウムも含まれており、

 

カリウムは
体内の塩分を尿素と共に排出するため

 

・血圧の上昇を押さえてくれる

・むくみを解消してくれる

・運動した後に筋肉が疲れにくくなる

 

といった効果を期待できるのだ。

 

 

つくしの栄養5.マグネシウム

つくしには栄養として
マグネシウムも含まれているのだ。

 

マグネシウムの効果としては

 

・カルシウムと合わせて骨を丈夫にする

・高血圧を予防する

・カルシウムと合わせて筋肉の収縮に役立つ

・動脈硬化や心筋梗塞の予防

 

といった効果を期待できるのだ。

 

 

つくしの栄養6.葉酸

つくしには葉酸も含まれており、

 

・動脈硬化

・貧血

・精神神経異常

 

等を防ぐ効果があるのである。

 

 

 つくしの栄養7.カルシウム

 つくしにはカルシウムも含まれており、

骨を丈夫にしたり
イライラを防止して鎮静させる効果がある。

 

 

つくしの栄養まとめ

つくしには以上の栄養が含まれている。

 

とはいっても、

つくしはアルカロイドを大量に含んでいるので
食べ過ぎるのは大変危険である。

 

なので、

しっかりとアク抜きをして
惣菜として食べるのがお勧めといえる。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ