クレジットカード 不正使用

うなぎの栄養で特に凄いのがこれだった?

うなぎの栄養には
こんな凄いものが含まれている?

 

土用の丑の日と言えば

うなぎが食べられる日として
とても有名であるけど、

 

うなぎには
どのような栄養が含まれているのか?

 

なので今回は

うなぎに含まれる栄養

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

 うなぎの栄養はこれが特に凄い?

うなぎの栄養の中で
特に凄いといえるものは

 

ビタミンA

 

が挙げられる。

 

ビタミンAと言えば

ブロッコリーの栄養
等の記事でも触れているように

 

・皮膚や目、鼻、口等の粘膜の働きを
 正常にして
免疫力を高める

・目を健康にする効果

 

と言った効果を
期待することができるのだ。

 

そして、

うなぎに含まれている
ビタミンAの量はなんと

 

1匹食べれば
1日分のビタミンAを補給できる

と言われてる位の量なのだ。

 

それを考えると
夏場にうなぎを食べるのもうなずける。

 

スポンサードリンク

 

その他のうなぎに含まれる栄養

その他に
うなぎに含まれる栄養としては

以下のようなものが挙げられる。

 

 

ビタミンB1

うなぎの栄養には

うなぎと梅干しのの食い合わせ

の記事でも触れているように
ビタミンB1が栄養として含まれている。

 

そして、
ビタミンB1の効果として

 

・疲労回復効果

・糖質を分解する

・神経を安定させる

・免疫力を高める

・筋肉痛の予防

 

といったものが期待される。

 

 

ビタミンB2

他にうなぎの栄養として

ビタミンB2

も含まれており、

 

・糖質・脂質・たんぱく質を分解する

・成長の促進

・生活習慣病の予防

・皮膚の健康を保つ

 

といった効果を期待できる。

 

 

ビタミンD

うなぎの栄養には
ふぐ等にも含まれている

ビタミンD

も含まれている。

 

そしてビタミンDは

 

・カルシウムの吸収を促進して
 骨や歯を丈夫にする

・免疫力を高める

・代謝を高める

 

といった効果があるのだ。

 

 

ビタミンE

うなぎの栄養として
つくし等にも含まれている

ビタミンE

が含まれていて、

 

・動脈硬化の予防

・老化や病気の防止

・皮膚の健康を保つ

・心筋梗塞の予防

 

に対して効果を発揮してくれる。

 

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)

魚に含まれてる事で
とても有名であるDHAは

 

・悪玉コレステロールの働きを抑制

・記憶力や視力の回復効果

・動脈硬化の予防

・血液をサラサラにする

 

と言った効果を期待することができる。

 

 

EPA(エイコサペンタエン酸)

うなぎにも栄養として含まれる

EPA(エイコサペンタエン酸)

には、

 

・脳梗塞や心筋梗塞の予防

・コレステロールや中性脂肪を減らす

・血液の流れを良くする

 

と言った効果がある。

 

 

うなぎの栄養まとめ

うなぎの栄養には
こんなにも優れたものが多く含まれてる。

 

だからこそ、

夏の暑さに負けないように
うなぎを食べて健康に気をつける必要がある。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ