クレジットカード 不正使用

ピーマンの栄養にはこんなすごいものが含まれてる?

ピーマンには
こんなにも凄い栄養が含まれていた?

 

ピーマンには
栄養が豊富に含まれている

と言われているけど、

 

具体的にピーマンには
どのような栄養が含まれてるのだろうか?

 

なので今回は

ピーマンにはどのような栄養が
主に含まれているのか?

についてまとめておいた。



スポンサードリンク

 

 

ピーマンの栄養はこれが凄かった?

ピーマンの栄養で
特筆すべき点としては

ビタミンCが豊富に含まれている

という点が大きいだろう。

 

ビタミンCはご存じのとおり

 

・疲労回復効果

・免疫力を高める効果

・細胞の老化を防止する効果

風邪を予防する

 

等の健康的な効果を期待できる
野菜などに含まれる有名な栄養だけど、

 

ピーマンで注目すべきは
ビタミンCが含まれる量なのだ。

 

ピーマンに含まれるビタミンCは

同じナス科の仲間である
トマト約4倍となっており、

 

更にレモンの約2倍

にもなる量のビタミンCが
ピーマンには含まれているのである。

 

レモンと言うとビタミンCのイメージが強いので

まさかピーマンにそんなに含まれてるとは
見た目によらないものだと思わせる。

 

さらに、
普通のピーマンよりも

パプリカや赤ピーマン、
オレンジピーマンなどの方が

 

ビタミンCを多く含んでいるのだ。

 

スポンサードリンク

 

ピーマンの栄養はこれも凄い?

他にピーマンの栄養で
特筆すべきものとしては

ビタミンP

が挙げられる。

 

ビタミンPは
毛細血管を丈夫にしてくれるので

 

・血管や血液を浄化する

・高血圧、動脈硬化を予防する

・ガンを予防してくれる

・アレルギーの発生を抑えてくれる

 

と言った効果を発揮するのだ。

 

更にビタミンPで
注目すべきところとしては

ビタミンCの吸収を助ける

と言うところにあるだろう。

 

ビタミンCは
とても健康にいい栄養だけど、

熱等によって壊れやすい

という欠点を持っている。

 

だから加熱などをすると
ビタミンCが壊れてしまうので、

なかなか吸収されないのだ。

 

だけど、

ビタミンPは熱から
ビタミンCを守ってくれるため、

 

加熱をしても
ビタミンCを十分に摂取することができるのだ。

 

ピーマンは炒め物で食べられることが
結構多いけども、

ビタミンPがビタミンCを守ってくれてるからこそ
加熱調理ができるのだと感じるものだ。

 

 

ピーマンの栄養まとめ

以上がピーマンの中でも
特筆すべき栄養だけど

 

他にもピーマンは

 

・ビタミンA

・β-カロテン

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・クエルシトリン

・カプサンチン

・クロロフィル

 

といった栄養も含んでいるので

健康のためにも
ピーマンは欠かせない野菜なのだ。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ