クレジットカード 不正使用

おはぎとぼたもちの違いは主にこの3つだった?

おはぎとぼたもちの違いってどんなものがあるの?

 

 彼岸の時期になると

おはぎやぼたもちと呼ばれる餅を
食べるのが当たり前となっている。

 

だけど、

おはぎとぼたもちと呼び名が違ってるけど
一体どんな違いが存在するのか?

 

なので今回は

おはぎとぼたもちには
どんな違いが存在しているのか?

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

おはぎとぼたもちの違い1:季節の違い

おはぎとぼたもちの違いとしては

食べる季節が違う

というのがまず挙げられており、

 

ぼたもち:牡丹の花が咲く春の季節(3月)

おはぎ:萩の花が咲く秋の季節(9月)

 

となっているのだ。

 

おはぎやぼたもちに使われている
小豆の粒の色が

 

春の彼岸の時期に咲く牡丹の花や
秋の彼岸に咲く萩の花に似てる事から

 

ぼたもち:春の呼び名

おはぎ:秋の呼び名

 

という風になっているのだ。

 

とはいっても、

近年では季節に関係なく
おはぎと呼んでいるのを見かけるし、

 

私の家でも春の時期に
おはぎと呼んでいることもあるので、

最近は季節で分けられることが少なくなってる

と言っていいだろう。

 

ちなみに
おはぎやぼたもちの夏や冬の呼び名は

 

夏:夜船(よふね)

冬:北窓(きたまど)

 

と呼ばれており、

 

おはぎやぼたもちは
普通の餅と違ってついて作らないので、

つき知らずという言葉が

 

・着き知らず

・月知らず

 

という風な当て字がされて、

 

夏の夜船がいつ着いたのか分からないことや
月の見えない冬の北の窓を思わせることから

 

夏:夜船(よふね)

冬:北窓(きたまど)

 

という言葉がおはぎ(ぼたもち)に使われるのだ。

 

スポンサードリンク

 

おはぎとぼたもちの違い2.大きさが違う

おはぎとぼたもちの違いとして

大きさが違う

というのが挙げられる。

 

まずぼたもち

大きく咲く牡丹の花をイメージして
大きく作られるのである。

 

それに対しておはぎ

小さく咲く萩の花をイメージして
小さめに作られるのである。

 

まぁ正直うちのおはぎは
そんな小さく作ってるようには見えないのだけど。

 

 

おはぎとぼたもちの違い3.使ってるあんこの違い

 おはぎとぼたもちの違いには

 

ぼたもち:こしあん

おはぎ:つぶあん

 

という違いも存在している。

 

昔は秋の彼岸の頃は
小豆の収穫時期と重なる時期でもあり、

 

この時期の小豆は皮まで柔らかいから
つぶあんとして使うことができる。

 

それに対して

春の彼岸の頃は
冬を越した小豆を使うことになるので、

 

皮が固くなってるので
皮を取り除いてこしあんにするのである。

 

だから昔は

 

ぼたもち:こしあん

おはぎ:粒あん

 

としていることもあったけど、

 

近年では春でも粒あんをつかうため
この見分け方は少なくなっているのだ。

(私の家でも実際春にもつぶあんが使われてる)

 

 

おはぎとぼたもちの違いまとめ

おはぎとぼたもちの違いとしては

 

1.季節によって呼び名が変わる

2.大きさが違う

3.使ってるあんこで違う

 

というのが基本となっている。

 

その他にも

 

もち米を使ってるのがぼたもち
うるち米を使っているのがおはぎ

 

小豆を使ったものがぼたもち
きなこを使ったものがおはぎ

 

餅のような状態になってるのがぼたもち
米粒が残ってる状態なのがおはぎ

 

といった違いが存在している。

 

こうしてみると

おはぎとぼたもちの違いは
結構存在していると思うのだけど、

 

近年ではおはぎとぼたもちの違いの境目は
あいまいになってきていると感じるものである。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ