クレジットカード 不正使用

スイカの種って食べる方が良かったって本当?

スイカの種は食べる方が体にいい
というのは本当なのだろうか?

 

最近畑でスイカが採れるようになったので
スイカを食べる機会が増えている。

 

そんなスイカだけど
やはりスイカと言えば種が思い浮かぶだろう。

 

私は最近では
種ごとスイカを食べることが多いけど、

スイカの種を吐き出す人だって多いはず。

 

しかし、

そんなスイカの種は
実は食べる方が体に良かった

というのをご存じだろうか?



スポンサードリンク

 

 

スイカの種は食べる方がいいの?

スイカの種はなんとなく
吐き出している人が多いだろうと思うけど、

 

実はスイカの種には
下記のような栄養が含まれているのだ。

 

・タンパク質

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンB6

・ビタミンE

・植物性脂肪

・銅

・ミネラル

・鉄

・亜鉛

 

こうしてみると

スイカの種には栄養が
豊富に含まれているのがわかる。

 

タンパク質は
体の筋肉を作るのに重要になってくるし、

 

 ビタミンB1は

 

・疲労回復効果

・糖質を分解する

・神経を安定させる

・免疫力を高める

・筋肉痛の予防

 

といった効果を期待することができる。

 

さらにビタミンB2も

 

・糖質・脂質・たんぱく質を分解する

・成長の促進

・生活習慣病の予防

・皮膚の健康を保つ

 

 と言った効果が存在するし、

 

ビタミンB6も
タンパク質を分解・吸収する効果が存在する。

 

さらに
スイカの種に含まれる植物性脂肪は

血中のコレステロールを下げて
心臓病の予防にもなるのだ。

 

そして実際に中国でも

スイカの種はおやつ等で
一般的に食べられているのである。

 

それを考えると

スイカの種には体にいい栄養が
豊富に含まれているということだし、

 

スイカと一緒に食べることによって
相乗効果も期待することができる

というわけなのである。

 

(スイカの栄養についてはこちら↓
スイカの栄養は実はこんなに凄かった?)

 

なので、

スイカの種を食べるのは
栄養的にいいと言えるのである。

 

 

スポンサードリンク

 

スイカの種を食べるのは良くないとも言われていた?

そんなスイカの種だけど

逆に食べるのはよくない

とも言われていたのである。

 

その理由は

スイカの種を食べると盲腸が起こる

という都市伝説があるからだ。

 

当然ながら

スイカの種を食べると盲腸になる
というのは迷信になるし、

 

私もスイカを種ごと食べているけど
盲腸になったことなんて一度もない。

 

なのになぜ

スイカを種ごと食べると盲腸になる

と言われているのかというと、

 

盲腸は

虫垂という部分に
食べ物などが入り込むことなどが原因となってる。

 

そして盲腸の手術をしたとき
スイカの種の形をした老廃物が発見された事から

スイカの種を食べると盲腸になる

という都市伝説が生まれたと言われているのだ。

 

実際のところは

虫垂は1㎜~2㎜と狭く
スイカの種は通ることができないのだけど。

 

その他にも

親が子供にスイカの種は食べないようにしつけるため
スイカの種を食べると盲腸になると教えた

とも言われている。

 

 

スイカの種を食べるのはいいことまとめ

スイカの種には
栄養が豊富に含まれているため、

スイカの種を食べることは
体にとっていいことだと言えるのだ。

 

だからこれからは
スイカの種を一緒に食べるのがいいと思うし、

私もこれからも
スイカの種を一緒に食べようかと思う。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ