クレジットカード 不正使用

卵の食べ過ぎは体に悪いって本当なの?

卵の食べ過ぎって体にいいの?悪いの?

 

 私は昔から

卵の食べ過ぎは体に良くない

ということを聞かされてた為か、

 

卵を食べ過ぎるのは
体に良くないことである

と思っていた。

 

でも実際のところ、

卵の食べ過ぎって
本当に体に悪いものなのだろうか?

 

なので今回は

卵の食べ過ぎ

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

卵の食べ過ぎが体に悪いと言われる理由とは?

卵を1日に食べ過ぎるのは体に悪いこと

だと言われてきたのは
何故なのかというと、

 

卵を食べ過ぎることで
コレステロールが上昇してしまう

というのが挙げられるからである。

 

これについては

1913年にロシアで
うさぎに卵を食べさせる実験を行ったところ、

 

血中でコレステロールが増加し、
動脈硬化も見られたので、

 

「卵を食べ過ぎるとコレステロールが上昇して
動脈硬化の原因になる」

と結論付けられたわけである。

 

ただ、
うさぎは元々草食動物であり、

動物性の食品である卵を食べさせれば
当然血中のコレステロールは上昇する。

 

なので、

普段から動物性の食品を食べている
人間も同じと当てはめるのは早計と言える。

 

とは言っても

うさぎに卵を食べさせる実験結果が
世間に対して広まっていったことから

 

「卵を食べ過ぎるとコレステロールがあがるから
体にとって良くない」

と認識されてるのだろうと思うけど。

 

スポンサードリンク

 

卵の食べ過ぎは実際のところ体には?

それで実際のところ

卵の食べ過ぎは体に悪いのか?

というと、

 

1981年に日本で

 

健康な成人が1日10個の卵を
5日間食べ続けてみたところ、

血中のコレステロールの変化はほとんどない

 

という研究結果が出たのである。

 

そしてその後の研究でも

 

普段の食事以外で1日3個以上の卵を
2週間食べ続けてみたところ

血中のコレステロールに変化は見られなかった

 

ということが判明している。

 

また、
卵はコレステロールを増やすことで有名だけど

卵を食べることで増えるコレステロールは
体にいいとされる善玉コレステロールであり、

 

レシチンやオレイン酸

といった

悪玉コレステロールを減らす作用のある栄養も
卵には含まれているのだ。

 

それを踏まえると

卵の食べ過ぎは体に悪いとは
一概には言えないだろう。

 

 

卵の食べ過ぎまとめ

卵の食べ過ぎについては以上。

 

卵を食べ過ぎても
問題はないことはあるけども、

 

腎臓病や糖尿病と言った病気を抱えてたり、

動脈硬化や心筋梗塞のリスクを抱えてる、
コレステロール値が高めと言った場合には

 

卵の食べ過ぎには注意をすべきである。

 

それに、

卵を食べ過ぎても
栄養バランスを崩すことになってしまうので、

 

食べ過ぎないように
卵は1日3個程度にとどめておこう。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ