クレジットカード 不正使用

栗きんとんの意味はこんな願いが込められてる?

栗きんとんって
どんな意味が込められたおせち料理なの?

 

おせち料理の定番と言えば

栗きんとん

があがると思われる。

 

栗きんとんは甘いので
私もおせちの中では好きである。

 

そんな栗きんとんだけど
どんな意味が込められたおせち料理なのだろうか?

 

なので今回は

栗きんとんの意味

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

栗きんとんの意味は基本的にこうなってる?

栗きんとんの意味としては

商売繁盛・金運アップ

のという意味合いが大きいと思われる。

 

栗きんとんを漢字で書くと

栗金団

という風になり、

 

意味としては金の団子や
金の布団という意味になるのだ。

 

つまり、

栗きんとんの色が
綺麗な黄金の色をしていることから、

 

栗きんとんを金(大判小判)や財宝に見立てて

「今年も豊かでありますように」

という願い込めるのである。

 

なので、

栗きんとんを金や財宝に見立てて
商売繁盛や金運アップという意味を持たせてるのだ。

 

栗きんとんは確かに
綺麗な黄金のような色をしているので、

黄金にたとえられたとしても
そんなに不思議ではないと思うし、

 

栗きんとんの黄金の輝きは
金運をもたらしてくれると期待してしまうかもしれない。

 

スポンサードリンク

 

栗きんとんの意味は他にこんなものもある?

栗きんとんの意味は金運の他にも

勝負運

も含まれているのである。

 

そもそも栗は元々

勝ち栗

として昔から縁起がいい食材とされていた。

 

なんで栗が勝ち栗と言われるのか?

というと、

 

昔の栗を加工する方法として

搗栗(かちぐり)

という方法があって、

 

その方法が

栗の実を殻をつけたまま干して
干した栗を臼(うす)でついて

殻と渋皮を取り除く方法

という風になっているのだ。

 

そして
臼で栗をつくことを

搗(か)つ

とも呼んでいるため、

 

搗ち=勝ち

という意味と繋がることから

 

昔から縁起物として
勝利の祝や正月の祝儀に用いられたのだ。

 

そして栗きんとんには当然
栗が食材として使われているので、

勝ち栗という意味合いも込めて
勝負運という意味も持っているのである。

 

確かに栗きんとんに使われてる栗は
殻や渋皮を取り除いているため、

勝ち栗の意味は当てはまってると思うけど。

 

 

栗きんとんの意味まとめ

栗きんとんには

 

・金運、商売繁盛

・勝負運

 

という意味が込められているのだ。

 

栗きんとんは人気のあるおせちなだけに
金運という意味も込められているのだなと感じる。

 

ちなみに他のおせちの意味としては
こんなものも存在している↓

田作りの意味とは実はこう込められたものだった?

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ