クレジットカード 不正使用

おでんって語源はなんと由来がこれだたって本当?

おでんの語源って
一体どこからきているのだろうか?

 

寒い時期になると

おでん

がよく食べられていると思うけど、

 

おでんという言葉は
語源がいったいどこからきているのか?

 

なので今回は

おでんの語源がどこからきているか?

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

おでんの語源はなんとここからきていた?

おでんの語源について調べたところ、

なんとおでんの語源は
田楽からきていることが判明したのだ。

 

田楽といえば

豆腐やこんにゃくなどを串に刺して
味噌を塗って焼いた食べ物であるが、

 

まさか、

田楽がおでんの語源のルーツになってようとは
私としても思いもよらなかった。

 

ちなみに、
おでんという語源が使われるようになった由来は

 

おでんの由来となる豆腐田楽は
室町時代に生まれている。

 

そして、

室町時代の家庭では基本的に
女性が料理を行うことが当たり前だった。

 

なので、

女性が田楽に接頭語である「お」
を付けることになるので、

 

お田楽

という言葉が用いられるようになり、

 

お田楽からさらに略して

お田(おでん)

という語源が使われるようになるのだ。

 

昔とある漫画で

「おでんと田楽を合わせておでんがく」

なんていうネタがあったけども、

 

実はおでんと田楽は
元々一緒のものだったというのは

正直私としても驚きである。

 

当時お田楽というネタを考えた漫画の作者は
はたしておでんの語源の由来を知ってたのだろうか?

 

スポンサードリンク

 

おでんが現在の形になった由来は何?

おでんの語源が
田楽から来たというのが判明したけど、

 

田楽といえば先ほども言ったように

豆腐やこんにゃくに味噌を塗って
焼いた料理のことをいう。

 

それがなぜ

現代のおでんである
様々な食材を煮込む料理になったのかというと、

 

江戸時代の後期に入ってから
串に刺したこんにゃくを煮込むようになり、

そこに大根や練りものなども一緒に
煮込まれるようになったのが、

 

現代でよく食べられてるおでんの由来である。

 

こうしてみると今のおでんは
歴史としてはそんなに古いものではないのだと思う。

 

ちなみに、

関西ではおでんのことは
「焼き田楽」の事を指す言葉となっており、

 

よく食べられてる煮込むおでんの事は
関東炊き」という風に呼ぶ場合もある。

 

 

おでんの語源はどこから来てるまとめ

おでんの語源の由来は
田楽からきているというのが判明した。

 

おでんと田楽は
今ではあまり結びつかないように思えるけど、

こうして調べてみると
意外なところから語源が来ているものだと思う。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ