クレジットカード 不正使用

ひな祭りにはまぐりをたべる由来はここからきてた?

ひな祭りにはまぐりを食べるのには
何か由来が存在するの?

 

3月にはひな祭りがあって
菱餅やちらし寿司などのほかに

はまぐりのお吸い物

を食べるわけだが、

 

ひな祭りにはまぐりを食べるのには
一体どんな由来があるのだろうか?

 

なので今回は

ひな祭りにはまぐりを食べる由来

についてまとめてみました。



スポンサードリンク

 

 

ひな祭りにはまぐりをたべる由来はここから来てる?

ひな祭りの時に
はまぐりを食べる由来としては、

 

昔の日本では

はまぐりなどの二枚貝は
お姫さまを表していたのだ。

 

そしてそんな二枚貝の中でもはまぐりは
貝を1枚ずつに外した場合だと、

 

自分自身の貝でないと
上と下の貝がぴったりと合わさらないのである。

 

そんな自分の貝じゃないと
上下がぴったりと合わないはまぐりを

夫婦にたとえたわけだ。

 

なので、

女の子の祭りの日であるひな祭りに
はまぐりの吸い物が出てくる由来としては

 

よい結婚相手と出会って
一生その人と添い遂げられるように

という思いが込められているわけなのだ。

 

自分の娘がいい結婚相手と出会って
幸せな結婚ができますように

という親の想いが込められているのだろう。

 

そんな由来を考えると

はまぐりがひな祭りの料理として出てくるのにも
深い理由が存在するのだと感じる。

 

スポンサードリンク

 

ひな祭りにはまぐりを食べる由来は他にこんなのも

ちなみに、
平安時代の貴婦人の遊びとして

貝覆い

という遊びが存在している。

 

遊び方としては

1枚に分けたはまぐりの貝殻の内側に
絵や文字などを書いて伏せておき、

伏せた貝殻と合うはまぐりの貝殻を探す

 

といった感じの
今でいう神経衰弱のような遊びがあった。

 

自分自身の貝殻としか合わない
というはまぐりの特徴がよく出てる遊びで

こういうところからも
はまぐりが結婚に関係があると思う部分がある。

 

どうでもいいけど、

はまぐりが旬になるシーズンも丁度
ひな祭りが行われる3月になるなと思った。

 

 

ひな祭りにはまぐりを食べる由来まとめ

ひな祭りにはまぐりを食べる由来は以上。

 

こうしてみるとはまぐりをひな祭りに食べるのには
ちゃんとして由来があるのだと思える。

 

まぁ私の家では
ひな祭りはやったことはないので、

当然はまぐりの吸い物を食べるなんてことは
ひな祭りのシーズンになかったことではあるが。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ