クレジットカード 不正使用

ひな祭りのちらし寿司は由来はどこから来ているのだろうか?

ひな祭りのちらし寿司は
由来がこんなところからきていた?

 

ひな祭りの定番メニューと言えば

ちらし寿司

になるわけなのだが、

 

ちらし寿司をひな祭りに食べるようになったのには
一体どのような由来が存在しているのか?

 

なので今回は

ひな祭りにちらし寿司な由来はどこから来てるか?

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

ひな祭りにちらし寿司を食べる由来はここから?

元々ちらし寿司は

なれ寿司

と呼ばれている現在の寿司の起源となる食べ物を
平安時代から祝いの席等で食べられていた。

 

特に

ひな祭りの昔の呼び名である桃の節句では
エビや菜の花を載せて彩を良くして食べられていた。

 

それが時代の変化とともに
より見栄えがいい食べ物になるようにと

 

江戸時代頃からは

ばら寿司

と呼ばれる現代のちらし寿司に近い寿司が
ひな祭りのときに食べられるようになったのだ。

 

さらに言えば
寿司という言葉自体にも

「寿(ことぶき)を「司(つかさど)る」

という意味が備わっているので、

 

縁起がいいものとしての意味や
お祝いの席に食べるものという意味があるのだ。

 

ちらし寿司というのは
ひな祭り以外の祝い事のときにも食べられていて、

それが時代とともに変化していったというのは
なんとなく面白いものだと感じる。

 

スポンサードリンク

 

ひな祭りにちらし寿司を食べる由来は食材にもある

実はひな祭りのちらし寿司は
食材にも由来が存在しているのだ。

 

・エビ:長寿、長生きができるように

・れんこん:見通しがきくように

・豆:健康でまめ(真面目)に生きることができるように

・菜の花:3月だから春らしさ

 

といったものが

ひな祭りのちらし寿司に使う食材の
由来となっているのである。

 

ちらし寿司に使われている豆が
健康で真面目に生きることができますように

という意味が含まれているのには

 

おせち料理として食べられてる黒豆にも
通じている部分があるように感じる

(黒豆についてはこちら↓
黒豆ってこんな意味が込められてるって本当?)

 

そう考えると食べ物には
語呂合わせ的な縁起担ぎがあるのだろう

という風に思えてくる。

 

 

ひな祭りにちらし寿司の由来まとめ

ひな祭りにちらし寿司を食べる由来は以上。

 

こうしてみると、

昔からちらし寿司だけでなく寿司という食べ物は
縁起がいいものとして食べられている

というのがよくわかるし、

 

特別な食べ物なのだな
という気がしないでもない気がしてくる。

 

寿司は高級料理として
近年では食べられているわけだが、

こうしてみるとあながち間違いではないと思う。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ