クレジットカード 不正使用

数の子の意味は実はこう込められたものだった?

数の子には実は
こんな意味が込められていた?

 

正月のおせちのメニューで
定番と言えるものと言えば

数の子

が挙げられると思う。

 

 だけど、

そんな数の子という言葉や
正月に食べる意味というのは

一体どこからきているのだろうか?

 

なので今回は

数の子にはどんな意味が込められているか?

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

数の子という言葉にはこんな意味がある?

そもそも数の子という言葉には
一体どんな意味があるのか?

についてだけど、

 

数の子というのは

ニシンの卵を塩漬けにした料理

の事なのである。

 

そしてニシンは昔は

「かど(カドイワシ)」

という風に呼んでいて、

 

数の子という言葉は

ニシン=かどの子供(卵)
という意味の「かどの子」

がなまったものになるのだ。

 

 また、
ニシンの卵の数が多いことから

「かどの子」から「数の子」へと
言葉が変わっていった

とも言われている。

 

ニシンが昔は
かどと呼ばれていたというのは

結構意外なように感じる。

 

こうしておせちを調べていると

昔の呼び名等から
言葉の意味がわかってくるなと感じる。

 

スポンサードリンク

 

数の子の意味はこう込められていた?

数の子をおせち料理として食べるのには

子孫繁栄

という意味が込められているからだ。

 

ニシンに限らず魚の卵というのは
とても数が多くなるので、

「子供がたくさん生まれますように」

という意味を込めて
子宝や子孫繁栄を願うわけである。

 

また、
ニシンという言葉にも

ニシン=二親(にしん)

という風にあてはめられるので、

 

2人の親から
たくさんの子供が生まれてきますように

という子孫繁栄の意味を
込められているわけなのだ。

 

魚はどれも卵を多く生むけど
そのなかで何故ニシンになるのだろうか?

と思っていたものだったけど、

 

ニシンという言葉には
二人の親からという意味があったというのは

なかなかいいごろ合わせだと思う。

 

 

数の子の意味まとめ

数の子の言葉の意味については以上。

 

数の子に使われてるニシンの卵は

かどの子

という意味が元々存在していて

 

それが数の子という言葉に変化したのは
結構興味深いことだなと思う。

 

 そして数の子にも

 

黒豆

栗きんとん

田作り

 

等と同じように

おせち料理に使われているのには
ちゃんとした意味があるからなんだなと思う。

 

だから他におせちの意味を
調べてみると結構面白いかもしれない。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ