クレジットカード 不正使用

タコのカロリーはいくら?こんな栄養も存在した!?

タコのカロリーっていくらになるの?

 

7月頃になると食べられる食材といえば

タコ

が存在する。

 

その理由は半夏生(はんげしょう)になると

稲の根がタコの吸盤のように根づきますように

という願いが込められているのだ。

 

ちなみにこの風習は
関西方面で主に広まっている。

 

そんなタコであるけど
カロリーは一体どれくらいになるのだろうか?

 

私も関西方面に住んでいて
この時期にタコを食べることがあるので、

やっぱりカロリーについては
知っておきたいと考える。

 

なので今回

タコのカロリーはいくらになるのか?

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

タコのカロリーはこれくらいだった!?

そういうわけなので

タコのカロリーはいくらか?

を調べたところ、

タコのカロリーは
以下のような数値となっていたのだった。

 

タコ100g:76kcal

 

こうしてみると
結構低い数値となのがよく分かる。

ちなみにこのタコのカロリーは
生の状態での数値となっている。

 

同じ魚介類である
カレイ100gのカロリーと比較した場合でも、

タコの方がカレイよりも
カロリーの数値が低くなっているのだ。

 

カレイのカロリーも
決して高い数値ではないから、

タコのカロリーの低さが
これでもかという位分かるなぁ。

 

ちなみに
タコを茹でた場合のカロリーだと

 

タコ100g(茹で):99kcal

 

となっている。

 

生のタコに比べると
カロリーは高くなってくるけど、

それでも100kcalもないというのは
やはり低いと言わざる終えない。

 

スポンサードリンク

 

タコにはこんな栄養も含まれていたのだ?

そんな低カロリーなタコだけど
更に調べてみると、

タコには
以下のような栄養も含まれてるのが分かった。

 

・ビタミンB2

タコにはビタミンB2が
多く含まれており、

皮膚や粘膜などの健康を保つために
必要な要素となっている。

 

ビタミンB2が不足すると、
肌荒れや口内炎などの原因となってしまう。

 

 

・タンパク質

肉類や魚介類に豊富に含まれている
タンパク質もタコに多く含まれている。

 

タンパク質は
血液や筋肉を作る為に必要になる。

 

 

・タウリン

タコの中には
タウリンが豊富に含まれており、

血糖値やコレステロールを下げて
疲労回復の効果が期待できる。

 

何を隠そう

半夏生の時期となる7月の初め頃は
暑くなってきてとても疲れやすくなる。

 

だからこそ、

暑さに負けないように
タコを食べて疲労回復しよう

という意味も込められているのだ。

 

 

タコのカロリーまとめ

タコのカロリーについては以上。

 

こうして調べてみると

タコのカロリーは結構低く、
身体にいい栄養も含まれていた。

 

夏になると疲れやすくなるから
タコが食べられるのもなんとなく納得である。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ