クレジットカード 不正使用

そうめんとひやむぎの違いってどれだけあるの?

そうめんとひやむぎの違いって何なの?

 

夏になると

・そうめん

・ひやむぎ

を食べることが増えると思う。

 

そうめんにひやむぎと
名前こそ分けているものの

同じ小麦粉製の麺という事で
両社は共通している。

 

そんなそうめんとひやむぎの違いとは
一体どんなものになるのか?



スポンサードリンク

 

 

そうめんとひやむぎの違いは単純なものだった?

そうめんとひやむぎの違いは
とても単純なものであり、

 

そうめんとひやむぎの違いは

太さ

によって表現されている。

 

そして、

太さに関しての基準は
どのようになっているのかというと、

 

・そうめん:直径1.3mm未満

・冷や麦:直径1.3mm以上、1.7mm未満

・うどん:1.7mm以上

・きしめん:幅4.5mm以上、厚さ2.0mm未満

 

と言った感じになっている。

 

確かに考えてみれば

そうめんとひやむぎの違いとして
太さというのが思いついてくるけど、

 

それにしても太さに関して
規定があるというのには驚きを感じる。

 

そして太さの基準の中には
うどんも含まれてる事から、

 

そうめんとひやむぎとうどんが
太さが違うだけで基本的には一緒

という事なのだなと思った。

 

ただ、
例外も中には存在していて

 

そうめんやひやむぎを作る方法は

機械製で作る「乾麺類」と、
手作業による「手延べ干し麺」の2種類があるけど、

 

このうち手作業で作ってる手延べそうめんは

長径1.7mm未満

が基準とされているのだ。

 

だから手延べそうめんの場合は

例え1.3mm以上の長さだったとしても
そうめんと呼ばれるわけなのである。

 

スポンサードリンク

 

そうめんとひやむぎの違いは他にこんなものもある?

現在こそ作業が機械化したことで
そうめんとひやむぎの違いは太さになったけど、

 

元々の違いとしては

そうめんは小麦粉と塩と水を練って
植物油又やでんぷんを塗って細く引き伸ばし、

干して日光に当てて作ったもので、

 

対してひやむぎは

細く切ったうどんである「切り麦」を
ゆでて冷やして食べるものを「冷麦」と呼んでいた。

 

だから、

そうめん:油を使ってる

ひやむぎ:切って作ってる

という違いがあったのだけど、

 

作業の機械化によって
ひやむぎにも油が使われたりするようになったので、

太さが基準となったのである。

 

また、

そうめんやひやむぎに入ってる
色がついた麺に関しても、

元々はひやむぎだけに入ってたものなので、

 

そうめん:色つき麺が入ってない

ひやむぎ:色つき麺が入っている

 

という違いがあるのである。

 

(ちなみにそうめん関係の記事では
こんな記事も書いている↓

そうめんのカロリーは1束あたりいくら?)

 

 

そうめんとひやむぎの違いまとめ

そうめんとひやむぎの違いは

太さ

が基本的に基準となってる。

 

なので、

細い方がそうめんで太い方がひやむぎ

という風に覚えておけばいいだろう。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ