クレジットカード 不正使用

アイスクリームには賞味期限が存在しないって本当?

アイスクリームには
賞味期限が存在しない理由とは?

 

アイスクリームには
賞味期限が存在しない

なんてことを巷で言われているけど、

 

アイスクリームに賞味期限が存在しない
のに理由って存在するのだろうか?



スポンサードリンク

 

 

アイスクリームに賞味期限が存在しない理由とは?

アイスクリームに
賞味期限が存在しない理由としては

 

アイスクリームが基本的に
冷凍保存されるものだから

というものが挙げられる。

 

どういうことかというと、
アイスクリームはもともと

-18℃以下で冷凍保存される

というのを前提に作られており、

 

冷凍保存されることで
菌が繁殖することがない

ということなのだ。

 

肉とか魚とか
賞味期限がある食べ物も

冷凍保存をすることで
細菌が増える心配がなくなるので、

 

賞味期限が過ぎても
解凍すれば食べる事ができるように、

 

基本的に冷凍保存をするアイスクリームに
賞味期限が存在しないというのも

結構納得ができるものだと思う。

 

また、

アイスクリームは基本的に
原材料が牛乳や乳製品と品目が少ない事も

 

品質が劣化しにくい

ということにつながっており、

 

冷凍保存と合わせて、

アイスクリームには賞味期限がない

ということへの理由になってるのだろうと思う。

 

アイスクリームは
近所のスーパーで安売りすることがあるので

ついつい買ってしまいがちだけど、

 

賞味期限を気にしなくて済むなら
慌てて食べなくても大丈夫かもしれない。

 

スポンサードリンク

 

アイスクリームは賞味期限こそないけど実は?

アイスクリームには
賞味期限が存在しない

と言われており

実際にアイスクリームを
長期保存することはできるものの、

 

それはあくまで、

衛生的に管理されたアイスクリーム

の例となっている。

 

例えば、

家庭用冷蔵庫の冷凍庫で
アイスクリームを管理する場合、

 

冷凍庫の中に
たくさんの食品を入れていたり、

冷凍庫を頻繁に
開け閉めしていた場合は

 

温度変化によって

冷凍保存の温度である
-18℃以下にまでならない

というケースが存在する。

 

温度変化が激しくなる状態で
アイスクリームを保存することで

アイスクリームの表面が溶けてしまい、

 

再凍結することで氷の結晶が大きくなって
シャリシャリ感が出てしまうので

アイスクリームの風味が落ちる

ということになってしまう。

 

また、

一度開封をしたけど
食べきれなくて残したアイスクリームは

 

空気に触れたり
周りが溶けることがあるので、

空気が触れることによって霜がつきやすくなる。

 

また食べかけなどの状態だと
表面が凸凹することになるので、

水分が蒸発して乾燥しやすくなるなど

 

風味が落ちる原因になってしまう。

 

そして、

一度溶けてしまった
アイスクリームに関しても、

 

再凍結することによって
氷の結晶が大きくなるので

シャリシャリ感が出てしまって
風味を損ねることにつながってしまう。

 

なので、

例えアイスクリームに
賞味期限がないといっても、

 

保存状態が悪いなどの原因で
風味を損ねてしまうのである。

 

 

 

アイスクリームに賞味期限はないまとめ

そんな感じで
アイスクリームに賞味期限はないけど、

 

保存状態などによって
風味が落ちることはあるのである。

 

なので、

アイスクリームを
長期的に保存する際には

 

1.冷気の循環を良くするため
 冷凍庫の中に食品を入れすぎない

2.冷蔵庫の温度を上げないために
 冷蔵庫の開け閉めを少なくする

3.臭いがつかないよう臭いが強いものは入れない

4.残ったアイスクリームは表面を平らにし
 密封して保存する

5.一度溶けたアイスクリームは
 風味が元に戻らないため冷凍庫に入れず食べてしまう

 

といったことに気をつけよう。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ