クレジットカード 不正使用

うなぎの食べ過ぎは体に悪いって本当なの?

うなぎの食べ過ぎって
体にどんな影響を与えるの?

 

土用の丑の日には
うなぎがよく食べられるけど、

うなぎの食べ過ぎは体に良くない

という話も聞く。

 

果たして

うなぎを食べ過ぎることで
体にどんな影響を与えるのだろうか?



スポンサードリンク

 

 

うなぎの食べ過ぎは体にどんな影響がある?

うなぎの食べ過ぎは
体にどう影響を与えるのかというと、

 

ビタミンAを多く摂取してしまう

という問題が出てくる。

 

ビタミンAといえば

うなぎの肝には栄養としてこの11個が含まれてる?

でも触れているように、

 

風邪に対しての予防効果

視力障害の予防

 

といった効果を期待できるけど、

 

ビタミンAは

脂溶性のビタミン

となっていて

 

水溶性のビタミンである
ビタミンBやビタミンCと違って

尿として体外に排出されない

 

そのため、
うなぎを食べ過ぎてしまうと

 

ビタミンAが
体外に排出されなくなってしまうので

 

・頭痛

・皮膚の乾燥

・顔の紅潮

・食欲不振

・関節痛

・吐き気

・嘔吐

 

といった症状が現れる。

 

うなぎも普通に食べて入れば
ビタミンAの恩恵によって

免疫力や視力に対して
効果を期待する事が出来るけど、

 

食べ過ぎる事によって逆に
体にとって害になるというのは

 

うなぎに限らず
食べ物全般で言えることだと思う。

 

スポンサードリンク

 

うなぎの食べ過ぎってどれくらいになるの?

うなぎを食べ過ぎると上記のように
体に影響を及ぼすので、

 

うなぎを食べ過ぎないように
気をつけないといけない

と思うかもしれないけど、

 

上記のような症状が出るまで
うなぎを食べ過ぎる例としては

 

うな丼で例えると

毎日3杯以上食べ続ける

というレベルにまでならないと
食べ過ぎとまではいかないとのこと。

 

流石にうな丼を毎日3杯以上食べるというのは

うなぎの値段が高騰してる現在では
正直難しいと言えるし、

 

土用の丑の日のみに
うな丼を3杯くらい食べたとしても、

体に悪影響が出るほど
食べ過ぎるとまではいかない。

 

だから、

たかだか1日だけ
うなぎを食べ過ぎたからと言って、

 

うなぎが体に対して
悪影響を与えることはないし、

 

むしろうなぎの栄養を摂取することで
体に恩恵を受ける事になる。

 

(うなぎの栄養については
こちらの記事でも触れている↓

うなぎの栄養で特に凄いのがこれだった?)

 

 

うなぎの食べ過ぎは体に良くないまとめ

うなぎの食べ過ぎは
体にいいとは言えないけど、

 

毎日うな丼を3杯食べる

というレベルで
体に悪影響が出てくるので、

 

1日くらい食べ過ぎたくらいでは
体に害はないと言える。

 

ただ、

食べ過ぎは体に良くないのは
どんな食材でも同じなので、

注意はしておいた方がいいと思う。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ