クレジットカード 不正使用

カニの食べ過ぎってこんな悪影響があるの?

カニの食べ過ぎによって
体にどんな悪影響が起こる?

 

冬と言えば

カニ

が人気の高い食材だけど、

 

同時に

カニの食べ過ぎは体に良くない

とも言われている。

 

カニの食べ過ぎは
どうして体に良くないのだろうか?



スポンサードリンク

 

 

カニの食べ過ぎで痛風が起こってしまう?

カニの食べ過ぎが体に良くないと
されてる原因として

 

カニに含まれるプリン体による痛風

が挙げられている。

 

痛風とは簡単にいえば

関節に付着した「尿酸」
という物質の結晶である尿酸塩が

 

関節からはがれおちた事で
それを白血球が悪いものだと認識し攻撃したことで

炎症を起こす物質を分泌して
関節に痛みが起こる事。

 

そして、

食べ物に含まれているプリン体は
肝臓で処理されて尿酸となる

とされていたので、

 

プリン体を摂取しすぎると
痛風が起こってしまう

と言われている。

 

だから、

カニにはプリン体が多く含まれてて
食べ過ぎると痛風の原因となる

と言われてるんだけど、

 

実際のところは

カニは他の食材と比べて
特別プリン体を多く含んでるわけではなく、

 

カニの種類にもよるけど100gあたりだと

プリン体は100mg前後程度

しか含まれておらず、

 

他の魚や肉類などと
それほど含まれてる量は変わらない。

 

だから、

カニは他の食材と比べて
特別プリン体が多いわけではないし、

 

食べ過ぎたりしなければ
痛風も特に問題はないと言える。

 

スポンサードリンク

 

カニの食べ過ぎは体を冷やす?

他にもカニの食べ過ぎは

体を冷やす

と言われている。

 

実際のところカニは

体を冷やす食材

と定義づけられていて、

 

食べ過ぎることで
下痢などが起こると言われている。

 

それでなぜ、

カニを食べ過ぎると
体を冷やすのかについては

 

コレと言って特に
詳しい理由が解説されてないので、

ここからは予想となるのだけど、

 

カニと同じように
体を冷やす食材として

 

ナスや柿

が存在するのだけど、

 

上記の食材が
体を冷やす効果がある理由には

カリウムによる利尿効果

が存在していて、

 

利尿効果によって体外に熱を排出するので
体を冷ます効果も存在してる。

 

そしてカニにも

カリウム

は含まれているので、

 

カニも同じように

カリウムによる効果によって
体を冷やしているのかもしれない。

 

 

カニの食べ過ぎはアレルギーに繋がる?

カニにも当然

アレルギー

は存在していて、

 

カニを食べ過ぎることで

唇やのど、目や耳等に湿疹が起こったり
嘔吐、下痢、腹痛等の症状が起こる。

 

だから、

アレルギーが起こらないよう
食べ過ぎには気をつけた方がいい。

 

 

カニの食べ過ぎまとめ

カニは冬がメインの食材だけど、

食べ過ぎることは
体に良くないとされているので、

 

十分注意して
カニを食べるようにした方がいい。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ