クレジットカード 不正使用

いちごの種はどこ 実はここにあった?

いちごの種はどこにあるかといえば実はここ?

 

いちごといえばこんな感じで

 

 

実のまわりにつぶつぶの種がくっついている
というイメージがあるけども、

 

いちごの種は実はこのつぶつぶではなかった

というのはご存じだろうか?



スポンサードリンク

 

 

いちごの種はどこに存在するのか?

いちごのまわりにくっついているつぶつぶは
一見すると種のように思えるけども、

 

実はこのつぶつぶの部分は

痩果(そうか)

と呼ばれるいちごの実の部分だったりする。

 

いちごのつぶつぶの部分を見て

「いちごの種小さいなぁ~」

と私も以前は思っていたのだけども、

 

実はいちごのつぶつぶは種ではなく実だった

というのを聞いて驚いたものだった。

 

ちなみに

タンポポの種やひまわりの種等も「種」と思われてるけど
実際は種ではなくいちごと同じく「痩果」だったりするよ。

 

そして、

いちごのつぶつぶの部分が
実は種ではなく実だったということで

 

「それじゃあいちごの種はどこにあるのか?」

と疑問に思うかもしれないけど、

 

基本的に植物は実の中に種があるので
いちごもそれと同様と考えると、

 

いちごの実はちいさいつぶつぶだから

つぶつぶの中に種が入ってる

ということになるね。

 

いちごの種だと思ってた部分は実で
かなり小さいことを考えると

いちごの種は更にそれより小さいんだなと思える。

 

スポンサードリンク

 

いちごの赤い部分は一体何なのか?

いちごのつぶつぶの部分が種ではなく実なら

それじゃあこれまで実だと思ってた
いちごの赤い部分は一体何なのかと言えば

 

花托(かたく)もしくは花床(かしょう)

と呼ばれる部分になっていて

花の付け根の部分が大きく膨らんで
食用部となったところだよ。

 

普通果実と呼ばれる部分は
めしべの根元の方にある

子房(しぼう)

と呼ばれる部分が

 

光合成で作られたデンプンや糖が
溜まることが大きくなってもので

その中に種が存在するのだけど、

 

いちごの場合だと

光合成で作られたデンプンや糖が
花の付け根の部分にある

 

花托

と呼ばれる部分に溜まるので
花托が大きくなるということ。

 

だから、

実の部分だと思ってるいちごの赤いところは
実は実の部分ではないので

 

偽果

という風に呼ばれている。

 

 

いちごの種はどこまとめ

いちごの種については以上。

 

いちごの種だと思ってた部分は実で
赤い部分は花の付け根の部分とは

なんだかややこしい感じがするけども、

 

いちごの種や実の部分がどこかを考えても

いちごがおいしいのには変わらないし
つぶつぶの部分も一緒に食べるから

どこがどうだろうと違いはないのかもしれない。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ