クレジットカード 不正使用

桃は皮ごと食べた方が体にいいって本当なの?

桃は皮ごと食べた方がいいの?

 

桃を食べる時には

皮をむいて食べる

という事が多いと思う。

 

しかし、

実は桃は皮ごと食べた方が良かった

という事はご存じだろうか?



スポンサードリンク

 

 

桃は皮ごと食べる方がおいしかった?

桃の皮は食べる時にはむいて
そのまま捨ててしまう事が多いと思うけど、

 

実は桃の皮と身の間は

うまみが凝縮してるので
一番甘くておいしい部分になってる

 

なので、

桃の皮をむいてしまうと
皮と身の間のうまみの部分も削る事になるので

 

味が落ちてしまう。

 

なので、

桃を皮ごと食べることで
皮と身の間のうまみ成分を食べられるので

 

桃を皮ごと食べるのが
桃の一番おいしい食べ方になる。

 

 

桃を皮ごと食べる方が栄養を摂取できる?

桃の皮にも栄養は含まれていて、
主なものとしてこんなものが存在する。

 

カテキン

カテキンには

抗酸化作用

と呼ばれる作用が存在していて、

 

細胞の老化や病気の原因になる
活性酸素を除去してくれる。

 

また、

抗菌作用

によって菌の増殖を抑えるので

 

虫歯、口臭、食中毒、胃潰瘍の予防効果

も存在している。

 

さらに、
コレステロール値を抑えてくれるので

動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞

の予防にもつながるし、

 

がん細胞の増殖を抑える効果もあるので

癌予防

に対しても役立つとされる。

 

 

ペクチン

桃の皮に含まれるペクチンには

整腸作用

が存在しているので、

 

便秘の時に水分がなくなった便を
やわらかくして排便をうながしてくれるし、

下痢のときは、
ゼリー状の膜になって腸壁を守ってくれる。

 

さらに

・コレステロール値を下げる効果

・疲労回復効果

といったものも確認されている。

 

 

ビタミンE

ビタミンEには

毛細血管を拡張させて
血流を促進させる事により、

 

・冷えや肩こり、頭痛の解消

・肌荒れの予防や改善

 

といった効果を期待できる他、

 

抗酸化作用によって
体に活性酸素が増えるのを抑える

という効果も期待できる。

 

 

なので、

上記のような栄養が
桃の皮に含まれているので、

 

桃は皮ごと食べる方が
体にとってもいいという事になる。

 

スポンサードリンク

 

桃を皮ごと食べる時には産毛に気をつける?

ただ、

桃を皮ごと食べる時に
気をつけたいものとして

 

産毛

の存在が挙げられる。

 

人によってはこの産毛が刺さると

口が痒くなったり赤くはれる

といった症状が起こる場合もある。

 

なので、

 

流水で流しながら手のひらと指で
しっかりこすって洗い流す

布やふきん等で桃の表面をしっかり拭く

 

といった事をすれば
桃の皮についてる産毛を落とす事ができる。

 

 

桃を皮ごとまとめ

桃を皮ごと食べるときの注意は以上。

 

桃を皮ごと食べる方が
栄養やうまみを摂取できるので

メリットがあると言えるのだけど、

 

それでも皮には産毛が生えてるので、

水で洗うなり布でふくなりして
落とすようにしておこう。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ