クレジットカード 不正使用

穴子とうなぎの違いは 代用する事ってできる?

穴子とうなぎにはどんな違いがあるの?

 

穴子とうなぎは細長い魚という事で
一見似ているように思えるけども、

 

穴子とうなぎの違いには
どんなものが存在しているのだろうか?

 

また、

穴子でうなぎの代用を行う事は
可能となっているのだろうか?



スポンサードリンク

 

 

穴子とうなぎの違いはこうなっている

穴子とうなぎの違いについてはまず
それぞれの特徴を見てみようかと思う。

 

 

穴子の特徴

 

生物学上の分類:

ウナギ目 アナゴ科 アナゴ属

 

 

生態:

深海で誕生し

成長すると陸地の沿岸の浅瀬に移動して
数年間過ごすようになる。

産卵の時期になると深海に戻って卵を産む。

 

 

身体的特徴:

体長はオスが40cm、
メスが90cmの円筒形の体形

薄茶色で側面に白い斑点があり、
背びれの下にも白い点が一列に並んでる

上あごが出ている

尾びれがとがっている

鱗がない

エラ呼吸

 

 

うなぎの特徴

 

生物学上の分類:

ウナギ目 ウナギ科 ウナギ属

 

 

生態:

深海で誕生して

成長したら川や湖などの淡水に移動して
数年間過ごすようになる。

 

産卵の時期になると再び海に出て
深海で卵を産むようになる。

 

 

身体的特徴:

体長は60cm程度の円筒形の体形

黒に近い灰色

下あごが出ている

尾びれに丸みがある

皮膚に埋もれた小さな鱗がある

皮膚呼吸とエラ呼吸の両方を行う

 

 

こうしてみると穴子とうなぎの違いは
結構あるものだと思うし、

 

ぱっと見は似ていると思うけども、

細かいところを見ていると
違いを発見する事ができる。

 

そして、

穴子とうなぎは同じウナギ目の魚だから
遠い親せきと呼べなくもないかと思う。

 

スポンサードリンク

 

穴子でうなぎの代用をすることはできるのか?

細かく見れば違いがある穴子とうなぎだけど、

一応形は似ているし同じウナギ目の魚だから
穴子でうなぎの代用をする事はできないか?

という疑問については正直言って難しい。

 

なぜなら、
穴子とうなぎに含まれる脂肪の量が

 

うなぎ:19.3g

穴子:9.3g

 

となっていて

 

うなぎは脂肪が多い分
こってりとした味わいになってるのに対し、

穴子は脂肪が少ないので
あっさりとした味わいとなっている。

 

なので、

穴子はうなぎと比べたら
どうしても淡白な味わいになってしまうので、

 

穴子をうなぎの代用として蒲焼にしても
うなぎのようなジューシーな味は出せない。

 

脂肪の量によって適した料理というのは
違ってくるので、

穴子をうなぎの代わりに使っても
うなぎと同じような味にはならないという事。

 

 

穴子とうなぎの違いまとめ

穴子とうなぎの違いについては以上。

 

近年うなぎの絶滅が危惧されてる事から

「穴子で代用できないか」

と思うかもしれないけども、

 

穴子はうなぎと比べて脂肪が少なく
味も違ってくるので、

簡単に代用する事が出来ないのが現状。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ