クレジットカード 不正使用

梨を食べ過ぎるとこんなことが起こる?

梨を食べ過ぎるとこんなことが?

 

秋になると

 

 

梨をついつい
食べ過ぎてしまう事もあるかと思う。

 

だけど、

そんな梨を食べ過ぎると
何とこんな事が起こってしまう?



スポンサードリンク

 

 

 梨を食べ過ぎると下痢が起こってしまう?

梨を食べ過ぎると

下痢を起こす危険がある

 

以前にも梨には

石細胞

と呼ばれる腸を刺激し、
便秘解消する効果のある成分や

 

消化酵素のプロテアーゼ

便をやわらかくするソルビトール

 

等が含まれているため
便秘解消効果があると解説した事がある。

 

(詳しくはこちらを参照↓

梨の効能はなんと!こんな効果が7つもあった!?)

 

 しかし、

梨を食べ過ぎてしまうと
そんな便秘解消効果が効きすぎて

便が緩くなって下痢になってしまう。

 

さらに梨に含まれるソルビトールには

解熱作用

が存在しているので、

 

梨を食べ過ぎてしまうとお腹を冷やして
下痢になってしまうという事。

 

 

梨を食べ過ぎると吐き気を催す

梨を食べ過ぎると

消化不良やアレルギーなどによって
吐き気を催す場合がある。

 

 

梨を食べ過ぎるとトイレが近くなる

梨には

カリウムやアスパラギン酸

といった利尿作用がある成分を
含んでいるのだけども、

 

梨を食べ過ぎると

利尿作用のあるカリウムやアスパラギン酸を
大量に摂取する事になるので

 

トイレが近くなる

という現象が起こってしまう。

 

スポンサードリンク

 

梨を食べ過ぎると体が冷える

先ほど解説した

梨に含まれるソルビトールの解熱効果や
カリウムやアスパラギン酸による利用作用が

 

梨を食べ過ぎる事で
効果が効きすぎてしまうので、

体が冷える

という現象に繋がってしまう。

 

尿を排出すると同時に
体の熱を奪ってしまうので

体が冷える事につながってしまう。

 

 

梨を食べ過ぎると太る?

梨のカロリー自体は

 

 梨100g(可食部):43kcal

梨中サイズ255g(可食部):110kcal

 

となっていて
果物の中でも低い方になっている。

 

(詳しくはこちらを参照↓

梨のカロリーはいくら?1個あたりこれくらい!?)

 

 しかし、

どんな食べ物だろうと
食べ過ぎれば太ってしまうのと同様に、

 

梨の食べ過ぎることで太る

という事もある。

 

 

梨を食べ過ぎない適切な量は?

梨の食べ過ぎにならない適切な量は
どれくらいになっているのかと言えば

 

農林水産省では果実の1日の摂取目標を

「200g」

としている。

 

200gは大体
梨1個分かそれよりちょっと少ないくらいなので

梨は1日1個まで

位にとどめておくのが吉。

 

 

梨を食べ過ぎるとまとめ

梨を食べ過ぎるとどうなるかについては以上。

 

梨はカロリーが低くて
様々な効能が存在するけども

 

それでも食べ過ぎれば

太ってしまう原因になるし
効果が効きすぎて下痢になったりする。

 

なので、

梨を食べるときには
節度を持って1日1個くらいにとどめておこう。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ