クレジットカード 不正使用

栗を食べ過ぎるとこんなことが起こる?

栗を食べ過ぎるとこんなことが起こってしまう?

 

今のシーズンだと
栗が旬を迎えているので

栗ごはん等でついつい食べ過ぎるけど、

 

そんな栗を食べ過ぎると
何とこんなことが起こってしまう?



スポンサードリンク

 

 

栗を食べ過ぎると太る?

栗を食べ過ぎてしまえば当然

太る原因となってしまう。

 

栗のカロリーは100g(可食部)あたり

164kcal

となっていて
ご飯100gと変わらないカロリーだったりする。

 

栗1個あたりの可食部を13~16gとした場合、

21~27kcal程

のカロリーとなっている。

 

さらに言えば
栗は種子の部分を食べるものなので

炭水化物を占める割合も
可食部100gあたり36.9gと多い。

 

なので

小さいからといって
ついつい栗を食べ過ぎると

 

太る原因になってしまう。

 

なので栗を食べ過ぎて
太らないように注意しないといけない。

 

栗のカロリーについてはこちらも↓

栗のカロリーっていくら?なんと意外にも!?

 

 

栗を食べ過ぎるとニキビの原因に?

栗には炭水化物や脂質が含まれている。

 

なので、

栗を食べ過ぎてしまえば
炭水化物と脂質を大量に摂取することになり、

 

皮脂腺が刺激されて
皮脂の分泌が活発になってしまう。

 

そうなってしまえば

皮脂の排出が追いつかなくなるので
皮脂がどんどん毛穴につまって

 

皮脂を栄養分にして雑菌が増殖して
ニキビが発生してしまう。

 

なので

栗を食べ過ぎて
ニキビが発生しないよう注意しよう。

 

スポンサードリンク

 

栗を食べ過ぎると下痢や便秘に

栗には食物繊維が含まれてるので
便秘解消に効果的と思えるけど、

 

栗に含まれてる食物繊維は

不溶性食物繊維

といって水に溶けない性質を持ってる。

 

普通だったら

腸内で水を吸って膨張し
腸内にあるカスを絡め取りながら排泄されるのだけど、

 

 しかし、

栗を食べ過ぎることで
食物繊維は腸内で水分を吸い過ぎてしまうので、

 

便が固くなって逆に便秘の原因になるし、

 

さらに言えば

不溶性食物繊維を含んだ食べ物を
食べ過ぎてしまうことによって

水分をうまく吸収できなくなり

 

水分を多く含んだ便が排出されて下痢になってしまう。

 

 

栗を食べ過ぎると胃痛や貧血になる

栗の渋皮には

タンニン

と呼ばれるポリフェノールが含まれていて、

 

普通だったら抗酸化作用によって
老化を防ぐ働きがあるのだけど、

 

タンニンを過剰摂取してしまうと
胃や腸の粘膜に必要以上の刺激を与えるので

胃痛の原因となってしまう。

 

さらにタンニンは
鉄分と結合しやすい性質を持ってるので

 

血液中の酸素と結合するはずだった鉄分を
横から奪い取る形で鉄分と結合して

貧血の原因となってしまう。

 

 

栗を食べ過ぎるとまとめ

栗の食べ過ぎについては以上。

 

栗は食べ過ぎると
体にとってむしろ悪い効果を与えてしまう。

 

栗の一日の摂取量の目安としては大体

 

普通のサイズだと約7~10粒

大粒だと約5粒

 

が丁度いいとされているので、

 

上記の量を目安として
栗を食べるようにしていこう。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ