クレジットカード 不正使用

大豆を食べ過ぎるとこんなことが起こる?

大豆の食べ過ぎってよくないの?

 

節分になると自分の年齢と同じ数だけ
豆を食べる風習が存在しているけど、

 

節分に使われる大豆は美味しいから
自分の年齢以上に食べることってあると思う。

 

しかし、

そんな大豆を食べ過ぎると
こんなことが起こってしまうとご存じだろうか?



スポンサードリンク

 

 

大豆を食べ過ぎるとこんなことが?

大豆を食べ過ぎると
一体どんなことが起こってしまうかといえば

こんなことが起こってしまう。

 

 

大豆の食べ過ぎで自律神経が乱れる

大豆には

イソフラボン

と呼ばれる成分が含まれていて

 

女性ホルモンのエストロゲンと
似た作用が存在しているのだけども、

 

大豆を食べ過ぎてしまうことで
ホルモンバランスが崩れてしまい

自律神経が乱れやすくなってしまう。

 

そうなってしまえば

自律神経失調症になって
メンタル面に悪影響を及ぼすだけでなく、

胃炎や腸が過敏になってしまう。

 

 

大豆を食べ過ぎると体が冷えてしまう

大豆には「カリウム」
が多く含まれているので

利尿効果

を期待することができるのだけど、

 

カリウムの利尿効果によって

体の余分な塩分や水分を排出する時
熱も一緒に排出されてしまうので、

 

大豆を食べ過ぎることでカリウムの利尿作用で

体が冷える

なんてことになってしまう。

 

スポンサードリンク

 

 大豆を食べ過ぎると便秘や下痢になってしまう

大豆には

不溶性食物繊維

が豊富に含まれているので、

 

腸内で水分を吸収してふくらみ
便をカサ増ししてくれるので

便秘解消の効果があるのだけど、

 

大豆を食べ過ぎると

水分を吸収しすぎて逆に便が固くなり
便秘や下痢の原因にもなったりする。

 

 

大豆でアレルギーになる

人によっては大豆を食べ過ぎることで

大豆アレルギー

が発症する危険性もある。

 

 

大豆を食べ過ぎると太ってしまう

大豆はたんぱく質を含んで
低カロリーということで

ダイエット食品として人気があるけども、

 

どんな食品でも食べ過ぎると
太る原因となってしまうので

食べ過ぎないように注意をする必要がある。

 

大豆のカロリーについてはこちら↓

大豆のカロリーは意外にも高いって本当なのか?

 

 

大豆の食べ過ぎはどれくらいになるのか?

大豆を食べ過ぎるとかえって
体に良くないことが起こってしまうのだけど、

 

それじゃあ大豆の食べ過ぎは
どれくらいなのかといえば

 

農林水産省では
大豆を含む豆類の1日の摂取量(目標)を

100g

と定めていて、

 

大豆に含まれている
イソフラボンの目安摂取量はおよそ

70~75mg

だとされている。

 

とはいえ、

大豆を100gも1日で食べるようなことは
めったにないと思うし、

 

よく食べられている豆腐にしても
100gあたりで含まれるイソフラボンは

 

・豆腐木綿:32~56(平均40)mg

・豆腐絹ごし:26~61(平均38)mg

 

となっているので

 

意識して食べない限りは
食べ過ぎる心配なとりあえずないといえる。

 

 

大豆は食べ過ぎるとまとめ

大豆は食べ過ぎるとどうなるかは以上。

 

どんな食べ物でも食べ過ぎると
体に逆効果になってしまうので

食べ過ぎたりしないように注意していこう。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ