クレジットカード 不正使用

人参を食べ過ぎるとこんなことが起こる?

人参を食べ過ぎるとこんなことが体に起こる?

 

人参(にんじん)といえば

日常生活を送るなかで
食べることが多い野菜だと思うけども、

 

そんな人参を食べ過ぎると
体にどんなことが起こってしまうのだろう?



スポンサードリンク

 

 

人参を食べ過ぎると太る原因になってしまう?

人参を食べ過ぎると当然

太る原因

になってしまう。

 

人参のカロリー自体は100gあたりだと

 

にんじん100g(生):37kcal

にんじん100g(ゆで):39kcal

 

となっているし、

 

人参1本の場合でもおおよそ

 

にんじん1本・約130~154g:約49~57kcal

 

となっている等
カロリー自体は比較的低めになってる。

 

だけど、
人参は野菜の中でも糖質が高くて

人参100gで約6g程

の糖質となってしまっている。

 

 なので、

人参の糖質の多さを考えると
食べ過ぎると太る原因となってしまう。

 

ちなみに人参のカロリーについてはこちらも参照↓

にんじんのカロリーって!?意外な成分もある!?

 

 

人参を食べ過ぎるとビタミンCが破壊されてしまう?

人参を食べ過ぎてしまうと人参に含まれる

現在では「アスコルビン酸酸化酵素」と呼ばれてる
「アスコルビナーゼ」がビタミンCを破壊してしまう

と言われていた。

 

でも実際のアスコルビン酸酸化酵素は

還元型のビタミンCを
酸化型のビタミンCに変化させる

という効果があるだけだったりする。

 

さらにアスコルビン酸酸化酵素によって
酸化されたビタミンCは

 

体内に入ると還元型のビタミンCに戻って
ほぼ同様の働きを行う。

 

なので

人参を食べ過ぎても
ビタミンCを破壊することはないと言える。

 

スポンサードリンク

 

人参を食べ過ぎると肌が黄色くなる?

人参を食べ過ぎると

手や顔といった肌の部分が黄色くなる

と言われている。

 

人参の食べ過ぎて肌が黄色くなるのは

柑皮症

と呼ばれるものであり、

 

人参に含まれるカロチンの摂り過ぎによって

カロチノイド色素が皮膚に沈着して
皮膚が黄色くなってしまっている。

 

ただ、

柑皮症は人参を食べる様を少なくすれば
元に戻るので食べ過ぎなければ問題はない。

 

 

人参の食べ過ぎにならない量はどれくらい?

人参の食べ過ぎにならない量は
どれくらいなのかといえば

 

特に決まってはいないものの
他の食べ物との兼ね合いを考えると

1日あたり1/4~1/2個

がいいとされている。

 

 

人参を食べ過ぎるとまとめ

人参を食べ過ぎると
どのようになってしまうかについては以上。

 

どんなものでも食べ過ぎると
体にとって良くはないので、

人参でも食べ過ぎないように注意しよう。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ