クレジットカード 不正使用

さくらんぼを食べ過ぎるとこんなことが体に?

さくらんぼを食べ過ぎるとこんなことが体に起こる?

 

さくらんぼが旬の季節になって
スーパーなどで並ぶようになったので

ついつい買って食べてしまうと思うけども、

 

実は

さくらんぼを食べ過ぎると
体にこんなことが起こるってご存知?



スポンサードリンク

 

 

さくらんぼを食べ過ぎると腹痛が起こる?

さくらんぼを食べ過ぎると
体にどんなことが起こってしまうかといえば

腹痛が起こったりお腹が緩くなってしまう

 

さくらんぼには

シュガーレス飲料やガムの甘味料として
用いられる糖アルコールの一種

 

ソルビトール

と呼ばれる成分が含まれている。

 

このソルビトールは

医療で使用される下剤にも
使用されている成分で

 

普通に摂取する分だったら

便秘解消効果

を期待することができるのだけど、

 

さくらんぼを食べ過ぎると

ソルビトールの効果が働きすぎて
腹痛や下痢などの症状を起こしてしまう。

 

さらに、

さくらんぼには食物繊維が
100gあたり1.2g含まれていて

 

食物繊維といえば

便のかさを増しして便秘を解消する

という効果があるので、

 

さくらんぼを食べ過ぎることで
食物繊維も多く摂取することになるので

ソルビトールとの相乗効果で腹痛や下痢になる

ということ。

 

スポンサードリンク

 

さくらんぼを食べ過ぎるとおならが出やすくなる?

さくらんぼには前述の通り

ソルビトール

と呼ばれる成分が含まれているのだけど、

 

ソルビトールには腸を刺激して
便を出やすくする作用があるので

腸内にガスが発生しやすくなってしまう。

 

さらにさくらんぼには
食物繊維も含まれているので、

 

ソルビトールと食物繊維の相乗効果で
さくらんぼを食べ過ぎると

おならが出やすくなってしまうということ。

 

 

さくらんぼを食べ過ぎると太る原因になる?

さくらんぼを食べ過ぎると当然

太る原因につながってしまう。

 

さくらんぼのカロリーは大体

さくらんぼ100g(可食部):60kcal

という数値になっていて
カロリーは低めとなっているのだけど、

 

さくらんぼ100gというのは
約20粒程の量だとされている。

(大きいものだともっと少ない量になる)

 

だから、

さくらんぼはカロリーが低いからと
ついつい食べ過ぎてしまうことで

太る原因になってしまうということ。

 

まぁこれはさくらんぼに限らず
どんな食材でも同じだと思うけど。

 

ちなみにさくらんぼのカロリーはこちら↓

さくらんぼはカロリーがなんとこれくらいだった?

 

さくらんぼの食べ過ぎにならない量はどれくらい?

それじゃ

あさくらんぼの食べ過ぎにならない量は
どれくらいになっているのかといえば

 

ソルビトールは10g以上の摂取によって
腹痛や下痢になる可能性が高くなるといわれていて

 

さくらんぼ100gに含まれるソルビトールは

2~5g程

とされている。

 

だから
さくらんぼの食べ過ぎにならない量は

約40粒

が目安だとされている。

 

ただ、

お腹が緩みやすいという場合は
1日20粒などのもっと少ない量にすべきだけど。

 

 

さくらんぼを食べ過ぎるとまとめ

さくらんぼを食べ過ぎると
体にどんな影響があるかについては以上。

 

なので、

食べ過ぎて腹痛や下痢を起こしたり
太りすぎないように注意をしていこう。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ