クレジットカード 不正使用

みょうがの栄養とは?効能はどんなものがある?

みょうがに含まれている栄養には
どんな効能が存在するのか?

 

食べると物忘れが多くなる
と言われている食材と言えば

みょうがである。

 

私はみょうがは
あまり食べることはないのだけど、

物忘れが多くなる食材として
名前はよく知っている。

 

そんなみょうがが気になって

「本当にみょうがを食べると物忘れするのか?」

というのが気になって調べてみると、

 

みょうがには何と!

意外な栄養が含まれており!
それには凄い効能があったのだった!



スポンサードリンク

 

 

みょうがに含まれてる主な栄養と効能

そういうわけなので、

早速みょうがに含まれている栄養や
効能についてまとめておいた。

 

ちなみに

みょうがを食べると物忘れが多くなる

というのは迷信である。

 

まず、
最初に紹介する栄養は

みょうがの主成分ともいうべき栄養である。

 

 

α(アルファ)-ピネン

みょうがの代名詞と言うべき精油成分。

みょうが独特の香りは
このα(アルファ)-ピネンによるものだ。

 

そしてα(アルファ)-ピネンは
大脳皮質を刺激する効果がある為、

 

・胃の働きを活性化させて食欲増進

・発汗作用で熱を冷ます効果

・頭をシャキッとさせて眠気を覚ます

・呼吸を整えて循環を良くする

・血液の循環を促進させる

 

といった効能を期待できる。

 

それにしても
みょうがを食べると物忘れするというけど

この効能を見ていると
とてもそうだとは思えないものだ。

 

スポンサードリンク

 

カリウム

みょうがに入っている栄養で
主に構成しているもう1つの成分は

カリウムである。

 

カリウムには

体内の余分な塩分を排出し
血圧を下げる効果があるで、

高血圧予防の効能があるのだ。

 

更にカリウムには

 

・筋肉の動きを良くする

・むくみを解消する

 

といった効能も含まれている。

 

カリウムは

血圧を下げる栄養として
梨の効能等でも取り上げているけど、

 

みょうがにも
含まれている栄養素なのだなと感じる。

 

 

その他のみょうがの栄養と効能

先程紹介した2つが
みょうがの主な栄養と効能だが、

他にもこんな栄養が
みょうがには含まれているのだ。

 

 

カンフェン

抗炎症作用や抗菌作用を含んでいるから、

口内炎予防やのどの痛み、解毒作用、
熱による身体の不調を整える等

風邪の予防に役立つ効能を持つ。

 

 

ゲラニオール

鎮静作用や鎮痛作用の効能を持つ

 

 

みょうがの栄養と効能まとめ

みょうがの栄養と効能については以上。

 

みょうがは基本的に
8月頃から食べられる食材であり、

主に夏バテ防止を目的とされている。

 

たしかに調べた栄養と効能を見る限り
夏バテ防止の効果は高そうだと感じる。

 

最も

みょうがは胡椒等と同じ薬味だから
あまり多く食べ過ぎるわけにもいかないけど。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ