クレジットカード 不正使用

大根は食べ過ぎると太る 下痢にもなる?

大根は食べ過ぎると太るのか?

 

冬になるとおでんの具等で
大根を食べることが多くなるけども、

 

そんな大根は食べ過ぎると
太る原因になってしまうのだろうか?



スポンサードリンク

 

 

 大根を食べ過ぎると太るの?

大根を食べ過ぎると太るのかについては
まずカロリーから見てみると、

 

大根は100gあたりだと約18kcal

と凄くカロリーが低い食材。

 

だけど、

大根も根菜なので
炭水化物(糖質)が多く含まれてるので、

 

大根を食べ過ぎると
太る原因になってしまう。

 

とはいえ、

どんな食べ物だろうと
食べ過ぎれば太る原因になるし、

 

他の糖質の高い野菜と大根を比較すると100gあたりで

 

大根:2.8g

玉ねぎ:7.2g

にんじん:6.5g

かぼちゃ:17.1g

とうもろこし:13.8g

じゃがいも:16.3g

さつまいも:29.2g

 

という感じで大根は糖質が比較的低いので、

食べ過ぎなければカロリーや糖質には
そんなに気を使う必要はないかな。

 

ちなみに大根のカロリーはこちらも↓

大根のカロリーはなんとこれくらいになってた!?

 

 

スポンサードリンク

 

大根を食べ過ぎると胃痛や腹痛に?

 そして、

大根を食べ過ぎると胃痛や腹痛の原因になる

とも言われているけど、

 

その理由は大根に含まれる

イソチオシアネート

という成分がまず1つ。

 

イソチオシアネートは
わさびや辛子に含まれる辛味成分で

がん抑制効果、肝臓の解毒作用

といった効果もあるのだけど、

 

大根を食べ過ぎると

イソチオシアネートの辛味成分が胃を刺激し
腹痛や胃痛を引き起こしてしまう。

 

それ以外にも大根には

ジアスターゼ

と呼ばれる消化酵素が含まれてるのだけど、

 

大根を食べ過ぎることで

消化を助けるあまり胃に刺激を与えて
胃痛や腹痛を与えてしまうということ。

 

 

 大根を食べ過ぎると下痢になる?

そして大根を食べ過ぎると

下痢になる

という心配もされているけど、

 

大根は食物繊維が多いため、

大根を食べ過ぎることで食物繊維の効果が出過ぎて
下痢になってしまうということ。

 

 

大根の食べ過ぎにならない量はどれくらい?

そして、

大根の食べ過ぎにならない1日の量は
どれくらいになってるのかと言えば

 

1日300g程

が目安とされている。

 

この300gと言うのが
大体どれくらいの量なのかと言えば

大根の大体厚さ6cmほどの輪切り1個分

に相当する量。

 

 

大根を食べ過ぎるとまとめ

大根を食べ過ぎると太る原因にもなるし、
効果が出過ぎてしまって

 

胃痛や腹痛、下痢

等の原因にもなってしまうので、
食べ過ぎないように注意が必要。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ