クレジットカード 不正使用

クッキーを食べ過ぎると太るのか?

クッキーを食べ過ぎると太るのか?

 

おやつにクッキーを
ついつい食べ過ぎてしまうことってあるけど、

 

クッキーを食べ過ぎるとやっぱり太るのだろうか?



スポンサードリンク

 

 

クッキーを食べ過ぎると太るのか?

クッキーを食べ過ぎるは当然

太る原因となってしまう。

 

クッキーのカロリーは
原料などによって違いは出るけど、

 

大体の目安として100gあたり

約427kcal

と高めになっている。

 

さらに言えばクッキーは
小麦粉と砂糖が主原料なので

 

クッキーを食べ過ぎると
糖質を多く摂取することになってしまう。

 

糖質は胃や小腸などでブドウ糖に分解され
血液を通して全身に運ばれるので

 

糖分は適量なら体にとって
エネルギーになってくれるのだけども、

 

糖質を多く摂取しすぎると
分解されたブドウ糖も過剰摂取することになり、

 

血液中の血糖値が急上昇することになり

その結果インスリンが多く分泌され
ブドウ糖は筋肉や脂肪細胞に取り込まれてしまうので

脂肪として蓄えられることになってしまう。

 

なのでクッキーの食べ過ぎは

カロリーもさることながら小麦粉や砂糖に含まれる
糖質を多く摂取することによって太るということ。

 

スポンサードリンク

 

クッキーは食べ過ぎで太りやすい食材だった?

そんな太りやすいクッキーは
ついつい食べ過ぎてしまいやすいお菓子だけど、

 

実はクッキーは

食べ過ぎてしまいやすいお菓子

だったりする。

 

クッキーは糖質がたっぷり含まれてるけどその分

たんぱく質、脂質、ビタミンB1、B2

といった栄養が少ないのも特徴。

 

クッキーにたんぱく質や脂質が含まれていたら

腹もちがよくなって
食べ過ぎないようにできるし、

 

ビタミンB1やB2が含まれていたら

ビタミンB1が糖質を燃焼してくれるし
ビタミンB2が脂質を代謝してくれるので

 

体の中に溜まらずに
太らないようにしてくれるということ。

 

だけど、
クッキーにはそれらの栄養が少ないので

腹もちがよくないからついつい食べてしまい
糖質も燃焼してくれないから太る原因になる

ということ。

 

また、
甘いものを食べると

 

ドーパミン

と呼ばれる脳内にある神経伝達物質が出て
気分がよくなったり幸せな気分になるけど、

 

ドーパミンを出すことによって
砂糖への依存性を引き起こしてしまうので

ついつい食べ過ぎて太る原因になってしまう。

 

 

クッキーを食べ過ぎないようにするには?

クッキーを食べ過ぎないようにするなら

1日あたり片方の手のひらに乗る分の量を食べる

ように注意するのがオススメ。

 

市販のクッキーには

1枚あたりのカロリーが無いものもあるので
どれくらいが食べ過ぎにならないか分かりにくいところがあるね。

 

なので、

片方の手のひらに乗るクッキーの量を目安として
1日に食べる量を決めると言うこと。

 

ちなみに片方の手のひらに乗るクッキーはおよそ

2枚ほど

とされている。

 

 

クッキーを食べ過ぎると太るのかまとめ

クッキーを食べ過ぎると太るのかは以上。

 

クッキーは当然食べ過ぎると太るので

1日あたりに食べる量を調整して
太らないように注意をしていこう。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ