クレジットカード 不正使用

メロンを食べ過ぎると下痢になる?

メロンを食べ過ぎると下痢になってしまう?

 

 メロンは人気が高いけども、

そんなメロンを食べ過ぎると下痢になる

なんて話を聞いたことがあると思う。

 

メロンを食べ過ぎると
下痢になってしまうのだろうか?



スポンサードリンク

 

 

メロンを食べ過ぎると下痢になる?

メロンを食べ過ぎると
下痢になると言われているのは

 

ビタミンCが原因の1つ

と言われている。

 

ビタミンCには

免疫力を上げたり美肌効果
といった体にいい効果があるけども、

 

ビタミンCを大量に摂取し過ぎると
消化不良を起こして腹痛や下痢になってしまう。

 

 また、

メロンには食物繊維も含まれてるけど
こちらも同様に大量に摂取しすぎると

 

腸内の働きを過度に促進させてしまい
下痢や腹痛の原因になってしまう。

 

そして、

メロンに含まれてる水分は
約90%となっているし、

 

カリウムが含まれているので

利尿効果によって尿と共に
体の熱を排出してくれる。

 

 なので

水分の摂取や利尿効果によって
体が冷えることになってしまい、

 

体を冷やすことによって
腹痛や下痢になってしまうということ。

 

スポンサードリンク

 

メロンを食べ過ぎるとこんな症状も?

メロンを食べ過ぎると
下痢や腹痛といった症状のほかに

 

アレルギー症状や最悪の場合
アナフィラキシーショック

を引き起こす可能性も存在する。

 

 メロンにはタンパク質分解酵素の

ククミシン

が含まれていて、

 

このククミシンが

メロンを食べることによって
喉や口内に違和感を覚える原因になっていて

 

喉や口内に違和感を覚えるのは
粘膜が分解されてしまうから。

 

だからメロンを食べ過ぎると

アレルギー症状

が起こる場合があるし、

 

最悪の場合は

アナフィラキシーショック

で命を落とす危険もある。

 

 

メロンを食べ過ぎると太る?

メロンを食べ過ぎると太るのか
という疑問については、

 

メロンは100gあたりだと

42kcal

となっていて低い分類だし、

 

メロン1玉あたりを504gだとしても

212kcal

となっている。

 

だけどメロンには

果糖等の糖質も含まれてるし
水分が多く腹持ちが悪いので

 

メロンがカロリー低いからと
ついつい食べ過ぎてしまうことで

太る原因になってしまう。

 

メロンのカロリーについてはこちらも↓

メロンってカロリーっていくら?実はこんな数値だった!?

 

 

メロンを食べ過ぎると下痢になるまとめ

メロンを食べ過ぎると
下痢の原因になってしまうし

 

アレルギー症状を引き起こしたり
太る原因になってしまう。

 

なので、

食べ過ぎない量の程々くらいで
メロンを食べるのがオススメ。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ