クレジットカード 不正使用

ゴーヤを食べ過ぎると下痢になるの?

ゴーヤの食べ過ぎは下痢になるの?

 

ゴーヤは食べ過ぎると
胃の刺激になるか気になると思うけど、

 

実はゴーヤを食べ過ぎると
こんなことが起こってしまう?



スポンサードリンク

 

 

ゴーヤを食べ過ぎると下痢になる?

ゴーヤを食べ過ぎると

胃痛や腹痛、下痢

を引き起こすと言われている。

 

ゴーヤの苦みを作ってる成分は

モモルデシン

という成分で、

 

このモモルデシンによって

胃酸が活発に分泌されて
食欲が出やすくなる作用がある。

 

 だけど、

ゴーヤを食べ過ぎることで
胃液が過剰に分泌されてしまい、

 

胃の粘膜を攻撃して
胃に負担をかけてしまうので、

胃痛や腹痛を引き起こしたり下痢の原因になる。

 

 

ゴーヤの食べ過ぎで体を冷やしてしまう

他にもゴーヤには
水分が豊富に含まれているので、

 

普通に食べる分だと
体温を下げる効果があるのだけど、

 

食べ過ぎると水分を多く摂取するので

それによって体を冷やしてしまうし、
体を冷やしたことが下痢の原因にもなる。

 

スポンサードリンク

 

ゴーヤの食べ過ぎにならない量はどれくらい?

そして、

ゴーヤの食べ過ぎにならない量は
どれくらいなのかについては、

 

 特に決まっていなかったりする。

 

1日に推奨されてる摂取量の目安が
特に設定されてないことから

ついつい食べ過ぎてしまう人も多く、

 

ゴーヤを食べ過ぎてしまうことで
体を冷やしたり下痢になってしまう。

 

だけど、

ゴーヤの食べ過ぎによって
腹痛や下痢になったりするのが嫌なら

 

1日あたり1/2~1個

くらいの量にとどめておくのがオススメ。

 

 

ゴーヤにはこんな効果も?

ゴーヤは食べ過ぎることで

腹痛や胃痛、下痢の原因になるし
体を冷やすことにもなる。

 

だけど、

ゴーヤに含まれている
苦み成分のモモデルシンは

 

確かに食べ過ぎによって多く摂取すると
腹痛や胃痛、下痢の原因になるけど

 

普通に食べる分だったら

胃液の分泌を促してくれるので
食欲増進の効果を期待できる。

 

特に夏バテを起こしやすい夏の時期には

食欲を増進してくれる効果は
とてもありがたいものだと思う。

 

そしてそれ以外にもゴーヤは

 

ビタミンC

食物繊維

カルシウム

鉄分

 

といった栄養も含まれてるから

普通に食べる分だったら
体にとっていい効果を与えてくれる。

 

 

ゴーヤの食べ過ぎまとめ

ゴーヤは食べ過ぎると

 

胃痛や腹痛、下痢

体を冷やす

 

といったことを起こすけども

 

普通に食べる分だったら

食欲の増進効果等を
期待することができるので、

 

食べ過ぎにならない程度に

1日あたり1/2~1個分

を目安に食べるのがオススメ。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ