クレジットカード 不正使用

うなぎのカロリーって高い?低い?どっち?

うなぎのカロリーは高いの?それとも低いの?

 

この暑い時期になるとよく食べられる魚といえば
うなぎである。

 

 

うなぎにはビタミンやタンパク質といった
栄養が豊富に含まれているので、

何かと体力を失いがちな夏の時期には
とてもありがたい食材となっている。

 

そんなうなぎではあるけど
カロリーはどれくらいの高さになるのか?

 

なので今回は

うなぎのカロリーはいくらになるのか?

についてまとめてみた。



スポンサードリンク

 

 

うなぎのカロリーって高いのか?

そんなわけで早速

うなぎのカロリーはいくらか?

を調べてみたところ

 

うなぎのカロリーは
以下のような数値となっていた。

 

うなぎ100g(生):255kcal

 

生の状態でも
うなぎはカロリーが高いのだと感じる。

 

なぜなら、

魚の中でもカロリーが高い分類である
いわしと同じ量で比較をした場合、

うなぎの方がカロリーが高くなるのだ。

 

まさかうなぎの方が
この2つよりもカロリーが高くなるだなんて結構意外。

 

ちなみにうなぎには
豊富に脂質(脂肪分)が含まれているのだ。

 

それを考えると
カロリーが高くても納得がいく。

 

ちなみに
うなぎは生の状態だと1尾あたり

 

うなぎ1尾:574kcal

 

という数値になっている。

 

うなぎを1尾食べることなんて
滅多にないことだろうけど、

それでもこれだけの数値になるのは
やはりカロリーが高いと思わずにはいられない。

 

スポンサードリンク

 

うなぎのカロリーは蒲焼きと白焼きでどっちが高い?

うなぎを夏に食べる時には基本的に

・白焼き

・蒲焼き

のどちらかになるだろう。

 

ちなみに白焼きというのは

処理したうなぎを調味料やタレをつけず
そのまま素焼きにした状態の事。

 

そして蒲焼きというのが

白焼きにしたうなぎにタレをつけて
再び焼き上げる状態である。

 

ここから本題だけど

白焼きと蒲焼きとでは
カロリーが高くなるのはどちらだと思う?

 

 

答えは

白焼きにした方が
カロリーは高くなるのである。

 

数値についても

 

うなぎの蒲焼き100g:293kcal

うなぎの白焼き100g:331kcal

 

となっている。

 

タレを塗って焼いた蒲焼きよりも
そのまま焼いた白焼きの方が高くなるとは
私としても意外だと感じた。

 

なぜ

うなぎは白焼きにした方が
カロリーが高くなってしまうのか?

というと、

 

蒲焼きは作る時に
白焼きにタレを塗って再び焼く

と先程解説したけど、

 

このとき

再びうなぎに火を通したことで
うなぎに含まれる脂質が落ちるのである。

 

なので

蒲焼きの方が白焼きよりも
カロリーが低くなるのである。

 

私も蒲焼きの方がタレを塗ってる分
カロリーが高いと思ってたから意外だ。

 



 

うなぎのカロリーは高い?まとめ

うなぎのカロリーについては以上。

 

うなぎのカロリーはやはり高いけど

今年の夏も暑くなるから
スタミナをつける意味でも食べた方がいいだろう。

 

まぁ最近はうなぎも高くなって
なかなか手は出しづらいとは思うけれど。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ