クレジットカード 不正使用

かき氷のシロップは味が一緒!?その根拠は?

かき氷のシロップは
実は味が全部一緒だった!?

 

夏になると食べられる
冷たい食べ物の1つと言えば

かき氷である。

 

暑い夏祭りの夜などで
屋台で買って食べるかき氷は
ひんやりしていて美味しいと感じる。

 

同時に

頭がキーンとなってしまうが
それも御愛嬌と言えるだろう。

 

私はかき氷のシロップだと
メロン味が好きでよく頼んでいる。

メロンはめったに食べられないから
せめてかき氷ではと思っているのだ。

 

しかし私はある時

かき氷のシロップは味が全部一緒

という噂を耳にしたのだった。



スポンサードリンク

 

 

かき氷のシロップは味が全部一緒って本当?

かき氷に使うシロップは
実は全部同じ味だった

そんな噂を耳にしても
私はあまり信じられなかった。

 

なぜなら

かき氷のシロップの味が全部一緒なら
今まで食べてきたかき氷の印象が
一気に覆ってしまいそうだからだ。

 

なので、

かき氷のシロップは味が全部一緒か?

というのを調べてみたところ、

 

なんでもかき氷は
基本となっているシロップに

・酸味料

・着色料

・香料

の3つを加えているとのことだ。

 

つまり、

かき氷のシロップの種類は
上記の3つが違っているだけで

シロップの味自体は
全く同じという事なのだ。

 

ちょっと分かりづらいかもしれないので
簡単に解説をしておくと、

 

例えばイチゴ味のシロップの場合だと、

 

イチゴっぽさを出す為に
果物を食べた時の食感を感じさせる酸味料を加え、

着色料でシロップを赤くすることで
視覚的にイチゴ味であると思いこませ、

イチゴのような香りを出す為に
香料を使ってイチゴのような香りを付ける

 

という事になる。

 

そして、

目をつぶって鼻をつまんだ状態で
かき氷を食べた人の証言によると、

かき氷の味の区別が全くつかなかった

という話も出てきてる。

 

これが本当だとしたら
今までの概念が覆るなと感じる。

 

スポンサードリンク

 

かき氷のシロップの味は全てが同じなのか?

ただ、

かき氷のシロップの味は
全部が全部一緒なのか?

という疑問については、

 

例外も中に存在する

という事であった。

 

例えば

ブルーハワイ味、コーヒー味、宇治金時、カルピス味

等の特殊な味付けの場合は
流石に全く同じというわけにはいかないとの事。

 

確かにこれらは
香りや着色だけでは限度がありそうだと思う。

 

また、それ以外にも

最近では果汁入りのかき氷シロップが
販売されているのを見かける。

 

おそらく、

よくかき氷を売ってる店で見るような
フルーツが乗っているかき氷は

果汁入りシロップを使ってると思われる。

 

実際に私もフルーツの乗ったかき氷を食べた時
屋台で売ってるかき氷より味が濃いように感じた。

 

だから

全てのかき氷のシロップが
全部同じ味というわけでもないと思われる。

 

 

かき氷のシロップは同じ味なのか?まとめ

かき氷のシロップは調べた限りだと

屋台で売っているものは
基本的にどれも同じ味

と考えていいだろう。

 

やはり本物の果汁を使うとしたら
値段が高くなってしまうだろうから、

そういった事情もあるのだろう。

 

だけど、
果汁入りのかき氷シロップもあるので

かき氷で果物の味を味わいたいなら
そっちを買ってみるのもいいかもしれない。

 

スポンサードリンク



関連記事一覧



コメントを残す

*

このページの先頭へ